プロハンなら知っておきたいテクニック
モンスターハンター3G

モンスターハンター3G 攻略GEMANI

モンスターの弱点探知方法

こんにちは。ちょりーぺむぺむです。
今回は『モンスターの弱点探知方法』を紹介します。
1.一回モンスターを倒します。
2.加工屋に行きます。
3.知りたいモンスターの防具を見ます。
4.耐性を見る。ー(マイナス)になっているのが弱点です。

リアル力の開放

どうもナルガEXです。
皆さんはリアル力の開放と言うものを知っていますか?
力の開放ならジンオウガシリーズを集めると発動するあのスキルです。
皆さんは知らないはずです。
この様な事はネットで書く事は始めてですから。

では、このリアル力の開放とはどのようなものかを紹介したいと思います。
まず、僕の実体験を紹介します。
これから怖い話が展開される訳では無いので心配しないでも格好です。

それは5ヶ月前のこと。
僕は縛り装備で「終焉を喰らうもの」をやっていました。
イビルジョー単体は難なくクリアしましたが、ナルガとレックスのシンクロプレイに翻弄され、回復薬残りわずかとなりました。
その時!

目の前が画面にスーーっと入って行くかんじがして、何故か目の前の状況が瞬時に把握できるようになりました。

感の良い人はここで分かるはずです。
いわゆる「集中」ですね。
これプラスモンスターの動きの把握をしておけば、ほぼ攻撃を避けられるくらいの力が手に入ります。
実際そのクエは失敗しましたが。(アハハハハハハハハハハハ)

そんでもって「リアル力の開放」とは「力の開放」と「集中」をたして2で割ったようなものです。
つまり僕が言いたい事は「練習」、「集中」です。

全然テクニックじゃないじゃん!と言ってるそこのあなた!
テクニックを知りたきゃまずは基本から!
しっかり自分で狩れるようになってからじゃああああああああ!
それぞれの武器の基本はこのページに載っているからそれを参考とするように。
以上!(終わり)

この記事に対する意見

ゲーム内には存在しません。
リアル+力の造語のようです。何年か前に流行りましたね、こんなの。
(結婚力、恋愛力etc)

なにもない人間のオリジナリティほどOOOの悪いものはないですね。
このサイトにはそういう文章が多いようで。

ゲームのブログやらなんやら書く人ってのは、どうも気持ちのいい文章を書くのが苦手のようです。

この記事に対する意見

は、流行ってたんだΣ(゚д゚lll)
じぇんじぇん知らなかった_| ̄|○



スラッシュアックス、斧切り上げの小技

初投稿です。よろしくお願いします。

早速本題に入ります。
アックスの切り上げの小技というか、ちょっとしたテクニックをお一つ紹介します。
御存知でしたら補足などしていただけると幸いです。
モンスターの突進攻撃にカウンターをいれるようなものです。

突進の当たる位置から少しずれて、モンスターが目の前を突進で通りすぎるように向きを整え、目の前を通るときに切り上げる。

それだけです。
切り上げは割と攻撃力も高いので怯ませやすいし、技の出が早めなので当てやすいです。
ハンマーや大剣で突進に正面からカウンターするとき、怯まなかったりタイミングがずれたときに被る
ダメージのリスクも無いので気楽に狙えます。
怯めばわざわざ間合いを積める苦労が省け、怯まなくてもダメージを一方的にあたえるだけなのでメリットのみ。

レウスの滞空時の滑空突進が良い練習台になります。
その際は少しずれて、突進と同じ方向を向いて切り上げた刃に当たりにいって、もらう感じでもいけます。

長々と失礼しました。

プロハンなら知っておきたい武器テクニック 

 どうも「NoBuNaGa」だ。
 早速だが本題。


 説明しよう!!プロハンとは、

 ProfessionalHuntingPlayer

 の通称である!
 下位クエストなど何の園。
 上位クエストのみならず、G級すら一人で淡々とこなしてしまう超上級者である!
 そこでこの私自ら、下級ハンター達に技、否、『業』を伝授して差し上げよう!!

 大剣は『ヒット&アウェイ』

 これはもう常識。
 「プロハンテクニック?これが?片腹痛いわ!」レベル。
 知っての通り大剣は抜刀時の動きがとても遅い。
 なので相手の攻撃も抜刀状態では回避し難く、ましてや攻撃など困難を極める。
 そこでこのヒット&アウェイ戦法の出番。
 武器出し攻撃でチャージが可能な大剣は抜刀攻撃も強い。
 攻撃力が売りな分どうしてもスピード感が出ない大剣もこれならサクサクと進める。
 つまりは抜刀攻撃⇒納刀⇒抜刀攻撃⇒納刀⇒ばっと(ryを繰り返すのだ!
 相手が方向しようとした時はR+A+Xで武器出しガードも可能。
 スキルの活用としては、「納刀術」「抜刀会心」「抜刀滅気」がオススメ。
 納刀術は名前の通り納刀速度が上昇するスキル。
 抜刀会心・滅気は抜刀攻撃時に滅気効果が付与されたり、100%会心になるスキルだ。
 これら一つが付いているだけでも大分変わってくるぞ!!

 片手剣は『手数が命』

 これも常識。

  片手剣で手数以外何狙うの?例えば何?(笑)

 レベル。

 片手剣はそこ手数の多さが武器。
 コンボ派生も簡単で当てやすく、回避にも入りやすい。
 片手剣は無属性である意味はなく、逆に無属性の片手剣など持っていても無意味。
 麻痺属性や毒属性などが付与されるとあっという間に進化を発揮できる貴重な武器に。
 どちらかと言えば影が薄いため、パーティメンバーからは要らないもの扱いされる事も少なくはない。

 だが!そんな「逆境」にこそ映えるのが片手剣の進化。
 手数を踏んで敵をあっという間に状態異常に。
 そんな素敵な君はすぐに皆の憧れだ!・・・嘘だ。
 兎に角そんな武器。

 スキルの組み合わせとしては、状態異常攻撃強化が挙げられる。
 これが付いているとモンスターを二度三度と状態異常に出来ることもある。
 仲間を救うのは、君だ!ちなみに片手剣は回避後すぐ攻撃できる優れモノだぞ☆

 双剣は『乱舞!乱舞!乱舞!!』

 気人強化すると出せるようになる双剣の大技「乱舞」。
 威力は双剣さながら、やはり高くはない。
 だが手数の多さなら片手剣にも引けを取らず、その攻撃回数や圧倒的。
 その為双剣は「あること」をすれば驚異的な進化を遂げる。
 その「あること」とは、

 弱点を突くこと

 だ。
 モンスターにはそれぞれ「弱点」がある。
 その弱点を突けば何分も速くモンスターを狩ることも可能であるほど貴重なものだ。

 例えば「ドスジャギィ」。
 彼は「龍属性」以外ならどんな属性でも弱点である可愛そうなモンスターだ。
 特に彼は「火」が嫌いだ。彼の子分も火を怖がり、避ける傾向がある。
 そんな彼に無属性で行くべきか?

  否!

 ここで火属性を活用してみろ。
 一分でも二分でも変わってくる。
 さらに鬼人強化?彼の命運は尽きた・・・。
 鬼人強化が一度溜まったらそれが尽きないようにすることが大切だ。

 スキル組み合わせ例は、「溜め短縮」「攻撃力アップ中or大」だ。
 溜め短縮は鬼人強化ゲージが溜まりやすくなり、攻撃力アップはただでさえお粗末な攻撃力を誤魔化すためのものだ。
 「回避」系のスキルを組み合わせてみるのも効果的だ。


 ☆1はここまで!長文失礼。
 次はハンマー、狩猟笛、太刀を解説してみようと思う。
 その時もよろしく!!



この記事についてHONEY氏の見解

◆大剣

大剣で一番DPSが高い攻撃方法は、なぎ払い→切り上げ→なぎ払い……です。
弱点にこのループを行えば、大ダメージが狙えます。
動きの早いモンスターには、溜め攻撃→納刀
動きの遅いモンスターには、テンプシーが有効です。
あと、抜刀会心の効果は会心率100%ではなく、会心率+100%UPに変更されました。

◆片手剣

片手剣は一撃の攻撃力は低いですが、実は回転切りのモーション値は群を抜いて高いです。
そのため、モンスターによっては回転切りループの方が良かったり良くなかったり。

◆双剣

3rdからの仕様で、鬼神化中は強走薬系の消費量が倍になるとなりました。
よって、鬼神化状態維持が面倒になりました。
また、乱舞にハマってしまうとどうしてもゴリ押し戦法になってしまい、被弾連発になってしまいがちです。
強い攻撃方法ですが、回避にも手を回した方が良いでしょうね。