レア素材2 モンスターハンター3G

モンスターハンター3G 攻略GEMANI

ネコでも分かるレア素材入手講座 

其の壱

こんにちは。ドスプーギーです。
イベクエでの宣言どおりレア素材入手について色々書いていこうと思います。
ネコでも分かる、と謳っちゃったのでできるだけ分かりやすく3、4回程度に分けてお送りする予定です。
無事にその回数で収まるかなぁ…


今回は第一回目ですので、まずは基本事項である素材の入手機会について詳しく見ていきます。
便宜上、色々勝手に名前つけてますが、ダサイとかセンス無いっていうツッコミはご勘弁を。

クエストでのモンスター素材の入手機会は大きく分けるとこんな感じです。
・剥ぎ取り(本体・尻尾)
・クエストの基本報酬
・捕獲報酬
・部位破壊報酬
・乱入時のフリーハント報酬
・落し物
・一部モンスターの特定条件下での採取

それぞれの仕組みを細かく見ていきます。


・剥ぎ取り
討伐時・尻尾切断時に規定の回数だけ素材を入手できます…って言うまでも無いですね。
基本中の基本ですので。
大連続狩猟の場合は回復薬グレート固定になります。
尻尾からレア素材が出やすいのは有名な話ですね。
一部例外もありますが。
スキル「剥ぎ取り達人」や食事スキル「ネコの解体術【大】・【小】」の判定で回数を1回増やせます。


・クエストの基本報酬
クエストクリア時の報酬画面の上2段分の枠に来るアイテムです。
一段目と二段目はアイテムの種類や入手確率、いわゆる「テーブル」が異なります。
それぞれの列で最大8種類の報酬を受け取ることができます。


報酬の数の決定方法について少し説明します。
まずクエスト毎に決まったアイテムが貰える「アイテム確定枠」が必ずあります。
次にアイテムは貰えるが、何が貰えるかはテーブルから抽選の「抽選確定枠」の部分がいくつかあります。
そこから先は、まずアイテムが貰えるかどうか?という「貰えるか判定」を行います。
当たりを引いた場合は中身がテーブルから抽選され、次の「貰えるか判定」に移ります。
ハズレ判定になったらそこで終了。
残りの枠は無視されます。判定すら行われません。
当たりを引き続けてアイテムが8枠に達するか、ハズレを引いたら終了というわけです。
スキル「幸運」「激運」は、この「貰えるか判定」の当たり確率を上昇させます。
また、食事スキルの「招きネコの幸運・激運」は、それぞれ50%・100%の確率で「抽選確定枠」を増やせます。「貰えるか判定」の部分は変わりません。


・捕獲報酬
捕獲にはクエストクリアが若干楽になる、剥ぎ取りと違った素材を入手できるという利点があります。
また、捕獲テーブルは剥ぎ取りよりもレア素材が若干出やすく設定されている場合がほとんどです。
基本の抽選確定枠は2、3枠目は「貰えるか判定」が行われます。
枠を確実に増やすにはスキル「捕獲達人・名人」を発動させるしかありません。
「捕獲達人」で抽選確定枠は3になります。
「捕獲名人」だと加えて4枠目の「貰えるか判定」が行われます。
ちなみに大連続狩猟では捕獲報酬が貰えません。
注意しましょう。


・部位破壊報酬
報酬が設定されている部位を破壊すると、一部位につき一回抽選が行われます。
こちらは大連続だろうが何だろうが壊した数だけ抽選されます。
頭を壊すとナントカ玉とか天なんちゃらが出やすい、というのも有名な話ですね。
もちろん頭破壊報酬のテーブルにレアが設定されてなきゃ意味がないですが。


・フリーハント報酬
特定のクエストでしか発生しません。
モンスターの種類もクエスト毎の乱入テーブルから決定されます。
こちらはモンスター毎にアイテム確定枠・抽選確定枠が用意されています。
どんなクエストで遭遇しようと、同じモンスターからは同じ物が貰える、というわけです。
ただし確定枠はそれぞれ1つずつ。
あとは「貰えるか判定」にかかってきます。
入手枠を増やす手段も特にないため、基本報酬よりも貰える素材は少なくなる可能性が高いです。
ただし乱入時は専用のテーブルが用意されています。
通常の剥ぎ取りや捕獲よりレアの入手率は高いです。
更に部位破壊・捕獲は通常通りの報酬が貰えます。
組み合わせていけば基本報酬並のアイテム数になるでしょう。


・落し物
キラッと光るアレですね。
モンスター毎に落とす条件が異なります。
相手によっては低確率ですがレア素材が出ます。
確率はモンスターによって様々です。
ただし期待して挑んだらナミダだった、って事が多くを占めると思いますが。


・その他特殊な条件での採取
ダウン時などに採取ができるヤツがいますよね。
ドボルの尻尾、ガンキン、ジエンの背中でのピッケル。
ジンオウガの背中での虫あみ。
他には擬態中のチャナガブルのヒゲやダウン時のジエンの口内、これぐらいでしょうか。
レアが出る、というよりは入手が面倒な素材が採れる、というほうが正しいですね。
レアと呼べるのはドボルストーンと大地の龍神玉ぐらいだと思います。



ざっと見るだけでも結構な種類の手段がありますね。
ここからモンスターやクエストの種類に合わせて効率の良い方法を探っていくのがレア素材入手の近道、ということになります。
ちなみに剥ぎ取りや捕獲報酬での入手率を公開している攻略サイトもあります。
興味のある方は検索してみるといいでしょう。
すぐ見つかると思います。


次回は「効率の良い方法」の部分について具体的に触れる予定です。
間違い等ありましたらガンガン訂正して頂いて結構です。ではまた♪


其の弐

其の壱、あんな感じで上手く伝わったでしょうか。ドスプーギーです。
さて、其の弐のテーマは前回説明した素材入手の機会をどう使い分けていくか?です。
其の壱を未読の方は一度目を通すことをオススメします。
では行きます。


まず初めに。
効率のいい方法を探る上で必要な事、それは、

レア素材がどこから出るか?

という事を把握しておく必要があります。
当然っちゃ当然ですよね。
少々大げさですが。
・本体or尻尾の剥ぎ取りで出るか?
・部位破壊で出るか?
・落し物や特定の採取チャンスで出るか?
・捕獲報酬で出る確率は上記2つより高いか?

レア素材を狙う場合、大まかに知っておきたいのはこの4点。
これらは大連続以外のクエストでの共通事項ですね。
大連続は部位破壊のみが影響します。
捕獲報酬はほぼ全てのレアが含まれているので、確率の部分にのみ注目します。
具体的にどこから何が出るか?という部分まで細かく書くと、
サイト1つ作れそうな量になるので省略します。
データ自体は検索すれば見つけられると思います。


クエストの基本報酬の部分、つまりクエストの選び方もレア入手率に影響してきますが…
今回は狩猟の部分にスポットを当ててみます。
それでは具体例をいくつか挙げてみます。


まずは本体の剥ぎ取りで出る場合。
これは簡単ですね。
捕獲報酬と確率に差が無い場合や、尻尾剥ぎ取りでもレアが出る場合は、
剥ぎ取り達人を付けて手っ取り早く剥ぎ取ってしまいましょう。
捕獲の方が確率が良ければ捕獲名人で捕獲、という感じです。
それぞれのスキルに対応した防具は、剥ぎ取りは月光・城塞特攻隊シリーズ、捕獲はガノスXなど。
キャプテンJも一応ありますが…耐性と拡張性が低い上にジンちゃんを狩るのが大変なのでオススメはしません。


続いて本体からは出ないが、尻尾からは剥ぎ取れる場合。
ラギアやレイア・レウスなんかが当てはまりますね。
これは手っ取り早く尻尾を切断して捕獲するのみ。
元の剥ぎ取り回数が少ないので剥ぎ取り達人をつけるのをお忘れなく。


特定の部位破壊で出る場合は忘れずに破壊しておいてください。
部位1つにつきチャンスは1回増えます。


落し物や採取チャンスでレアが出る場合。
狙える範囲の事ならどんどん狙っていきましょう。
手軽にできる物は、ナルガの音爆弾やドボルの尻尾ピッケルなんかが当てはまりますね。
さすがに拘束攻撃フィニッシュ、なんてキツーい条件の場合は控えた方がいいかもしれませんが。

中には部位破壊・捕獲でしかレア素材を出さない奴もいます。
前者はディアブロス&亜種の「大地を穿つ剛角」や一部古龍素材、
後者は尻尾が切れない奴の「大竜玉」など。
とりあえず古龍は別格なので置いておきます。

「大地を穿つ剛角」は通常狩猟クエストにおいては、角の部位破壊しか入手のチャンスがありません。
そのかわり他の固有レア素材よりも出る確率は高く設定されています。
とはいえ部位破壊なので抽選チャンスは1匹1回です。地道に狙う必要があります。
「大竜玉」については、出すモンスターの種類が多いので特に問題はないでしょう。
狙うなら捕獲してしまえばいいだけですしね。

尻尾切断や落し物の応用で「速攻狙って出なければリタイア」なんて手も紹介されてましたね。
もちろんそうするのも一つの手です。
ただしリタイアは時間が無駄になる、というのがデメリットでしょうか。
称号や勲章などを集めようと思っている人は是非クエストクリアしてしまうことを勧めます。
討伐数や金冠狙いもできますし、いらない素材はいざという時の換金や「竜職人のトンカチ」入手にも役立ちます。
特にトンカチは実際狙ってみると予想以上に素材や資金に困ることになります。
せっかくなんで「竜職人のトンカチ」を狙う話はまたの機会にでも。


話を戻します。
サラッと列挙してみましたが…
尻尾切断、武器によっては難しかったり無理だったりしますよね。
そういう場合は他の武器を練習したり、地道にやるしか無いのか?と。
もちろん何種類かの武器を扱えることには色々なメリットがあります。
しかし、中には「どーしてもダメ!苦手!」という人がいると思います。
そんな人も諦めるのはまだ早いです。冒頭で触れたもう一つの手段、「クエストを選ぶ」という方法があります。
こちらはクエストの基本報酬でレア素材が出やすい物を選ぶ、という作戦ですね。

というわけで次回はクエストの種類とレア素材の関係について解説しようと思います。
それではまた♪



其の参

え?なんで「ネコでも分かる」なのかって?
イメージはアイルーですね。いや、アイテムの話だからメラルーかも…
そんな訳で第三回いきます。解説はおなじみドスプーギーでございます。


 今回のテーマは「クエストの選び方」です。

例えば私の場合、扱える武器が双剣、ランス、狩猟笛、弓の4つなんですが…
実はラギアの尻尾切りが大の苦手なんです。
水中だと尻尾がチョロチョロ動き回るし、亜種だとランスじゃなきゃぶっ飛ばされるし、でもランスだと素早く尻尾に近寄りにくいし…
尻尾からしか出ない蒼天鱗欲しいのに!うがー!ってなりますよね。

あ、あくまで例なんでヘタなだけだっていうツッコミは勘弁してくださいね。

さて、どーしても切れない!となると、蒼天鱗をゲットするには捕獲かクエスト報酬に頼ることになります。
捕獲報酬で蒼天鱗が出る確率は大連続以外であればどのクエストでも一緒です。
これは捕獲テーブルはモンスター毎に決まっているからです。
捕獲報酬の枠は最大で4つ。スキルが無ければ2~3枠と、ちょっと物足りないですよね。

そこで注目したいのが「激運」によるクエスト報酬狙いです。
こちらは最大で8マス×2列の枠が用意されています。
アイテム確定枠は決まった物で埋まってしまいますが、それを除いても最大10枠前後のチャンスが存在するわけです。
これを狙わない手はないですよね。

まず基本の「貰えるか判定」の抽選確率は22/32。
運気関連のスキルを発動させることによって大きく増減します。
激運 29/32
幸運 26/32
不運 16/32
災難 8/32

激運発動状態なら9割方判定が成功するというわけです。
更にネコ飯で幸運や激運を引いておけば、結構な確率で報酬枠が埋まります。

強烈な運がつく装備といえば、やはりゴールドルナシリーズでしょう。
スカラーXシリーズなど他にも運気が付く装備はありますが、
拡張性の高さでゴールドルナに勝る物はありません。
作るのに天鱗を2枚要求されるのだけがネックでしょうか。
キャプテンJ?ナニソレオイシイノ?
災難は逆に発動させるのが難しい気がします。月光一式でも不運止まりなので。



それでは狩猟クエストの種類による基本報酬の傾向について説明します。
ここではG級クエストを対象としています。
下位・上位も傾向自体は同じです。
解説の中で具体的な名前が出てくるアイテムのランクが下位・上位の物になると思ってください。


・通常狩猟(1頭狩り)
1頭狩ったら終わりの最も基本的なクエスト形態。
基本報酬でモンスター素材が出るのは上段のみ。
下段は場所由来のアイテムが入ります。
アイテム確定枠は1、抽選確定枠は3。
レア素材の確率は低く設定されています。
G級固有レアだと1%、なんて事もザラです。
体力高いわレア出にくいわ、レア狙いとしてはあまり価値がありません。
どうしても苦手な奴に挑む時、お目当ての高難度クエストが出ない時ぐらいでしょうか。

・同時狩猟(2頭狩り)
2頭同時に出現するタイプのクエスト。
基本報酬はそれぞれの段にそれぞれのモンスター素材が入ります。
同じモンスターが2頭出現する場合、上下段同じテーブルで抽選されると考えていいでしょう。
それぞれのアイテム確定枠は1、抽選確定枠は2。
レア素材の確率は1頭狩りと同等。かなり低く設定されています。
体力が低いので狩りやすく、抽選チャンスも2倍なので、レアを狙うなら最低でも同時狩猟がいいでしょう。
また、レア狙いは基本報酬に期待ができないため、「其の弐」で解説した手段を駆使していくことになります。

・連続狩猟
「○○3頭の連続狩猟」などと書かれているクエストの事。
同種モンスターを連続で狩るのが特徴。1頭狩ると次の1頭が沸きます。
連続狩猟の上段は通常狩猟と同じテーブルになっています。枠数も同じく1、3。
G級の場合、下段は連続狩猟専用のテーブルから抽選されます。高難度にしか連続狩猟が無いので。
確定で真鎧玉、あとは抽選でお守りや鎧玉、原珠、太古の塊が出ます。
基本報酬でレアが出る確率はしょぼしょぼなので、部位破壊+捕獲向けと言えるでしょう。

・大連続狩猟
1頭もしくは2頭を狩ると次が出現するタイプのクエスト。
連続狩猟との違いは「異なるモンスターで構成されている」という部分。
そして剥ぎ取り・捕獲で報酬を貰えないのが最大の特徴です。
しかしその分、報酬テーブルは豪華に設定されています。
上段は出現モンスター1種類につき1枠がアイテム確定、抽選確定枠は2。
例え「究極のフルコース」のようにモンスターが5種類ならアイテム確定5、抽選確定2、判定枠は1しか残りません。
下段は確定で覇王の証、抽選確定は1。
残り6枠は「貰えるか判定」にかかってきます。
テーブルは上段がモンスター素材のみ、
下段はモンスター素材+鎧玉・お守り、更に高難度限定で高級お食事券。
レアの出現率は少し高めになっています。
モンスターの種類が少なければ少ないほど高いです。
上段の「貰えるか判定」の枠数は少なめなので、下段でいかにたくさん抽選枠を取れるかが鍵になってきます。
その点では判定に強い「激運」と非常に相性がいいと言えるでしょう。
何気に高難度を選べば高級お食事券が狙えるのもポイントです。


おおよその傾向を挙げてみましたが、いかがでしょうか。
これらの特徴と自分の欲しい素材の出やすさ、得意・不得意な事を考えて、効率の良いクエストを選択していくことになります。
冒頭で挙げたラギアの尻尾切りが苦手という例なら、激運をつけてラギアの出る大連続に挑めばいいわけです。


さて、ここまでで色々と解説してきましたが…
剥ぎ取り・捕獲・激運のどれかが付く装備を整えてしまえば一気に楽になるはずです。
そのスキルを突破口にレア素材を集められますからね。
ただしスキル・装備が限定されるということは、ある程度火力や性能が限定されるということになります。
楽になるスキルをたくさんつけて回数をこなすか、必要最低限のスキルだけでレアの抽選率を上げるか。
どちらを取る方が楽かはその人によると思います。
とりあえず言える事、それは「諦めたらそこで終わり」という事ですね。
ん?どっかで聞いたような…まぁ気にしない。


以上でレア入手の基本講座は終了です。
ここまでで解説したことを軸に、色々試していただければと思います。
また、欲しいスキルに迷う方はスキルシミュレータを使うことをオススメします。
意外な組み合わせを弾き出してくれたりしますので。

何かネタがあれば番外編として追記するかもしれません。
それではまた♪