おすすめ装備【ガンナー】2
モンスターハンター3G

モンスターハンター3G攻略GEMANI

雷属性特化型ボウガン

新しく属性特化装備を投稿したり私になにか意見する時は、そんな低い姿勢じゃなくてもいいのですよ。
グラマスだとか、そういうことに引け目を感じてほしくないです。
属性速射装備とかやってますが、この知識の9割は3rdから来てるものです。
それも、私が独自に調べ尽くしたわけでもないのです。
3rdの属性速射を読めば自然と培われるので、私が特別抜きん出てるなんてことはありえません。
気後れすることなく、もっと堂々としてても大丈夫です。
大元の目的は、ガンナー装備の充実化なのですから。



他の人に気を遣わせてるのか気にしつつ、かりうどの特化型ボウガン装備が始まります。
今回は、雷属性特化ボウガンです。
私に順番なんて、あってないようなものです。
電撃弾を速射できるライトボウガンと、雷属性攻撃強化+2が必要ですね。


恒例の装備前のボウガン選びです。
が、今回は面倒な考察は特にありません。
選択肢は1つです。

冥ドエンプロクス(冥ラギア)
攻撃力387・会心率15%・スロット1・リロード普通・反動中・ブレ左側小

これに限ります。
「ド」が出ないので、いっそのこと「メイド」にしようかと思いましたが、踏みとどまりました。

攻撃力が充分にあり、スロット持ち。
リロード反動共に標準、撃てる弾も目立った欠点なし、ついでに会心つき。
ブレが若干ありますが、そんなもの気にならないほど高性能です。
唯一惜しまれる点は、ラギアクルス希少種の素材を使うことですね。
まぁ、だからこその性能なのですが。

もしまだこれを作れる段階ではないのなら。
以下の2つを代用品としましょう。

ガオウ・バルゾルテ
攻撃力338・会心率10%・スロット1・リロード普通・反動中・ブレなし

白雷砲エクレール
攻撃力338・会心率15%・スロット1・リロード普通・反動やや小・ブレ左側小

前者はジンオウガ、後者はラギア亜種のボウガンです。
どちらも似たり寄ったりの性能です。
ガオウはそのまま冥ドに強化することができます。
よって、基本的にはガオウを代用することになるでしょう。
ジンオウガから冥ラギアに移行ってなんか変な感じですが、まぁ放っておきましょう。
なお、ライトボウガンに限ったことではなく、一部他の武器でもこうなります。


じゃあ装備行きまーす。
はい↓。
ダマスクXキャップ
ネブラZレジスト
アグナZガード
天城・極【腰当て】
アーティアXレギンス
護石 雷属性攻撃+8が確保できるもの
装飾品 弾製珠【1】×5・点射珠【1】×5・雷光珠【1】
スキル 雷属性攻撃強化+2・ブレ抑制+1・最大数生産・連発数+1
防御力 313(真鎧玉未使用)
耐性 火-11・水4・氷19・雷-2・龍3

護石によっては、追加スキルもできるかもです。
+9なら雷光珠はいりません。
ガオウを使う場合は、ブレ抑制を他に変えてください。意味ないので。
護石にもよりますが、装填速度+ぐらいにしかできませんけど。

最大数生産ですが、よ~っぽどのことがない限りはつけましょう。
なぜかというと、電撃弾の調合に深く関わるからです。
電撃弾の調合結果は2~4となってます。
火炎と滅龍以外の属性弾は1~3なので、これらよりも多く生産できるように思えます。
が、その調合素材に難があるのです。
カラの実×光虫ですよね。あの漢字が出ません。
この光虫、実は10匹までしか持てないのです。
龍殺しの実を除き、他の調合素材は20まで持てる中での10です。
むしろ、所持可能数が10と少ないからこそ、生産結果が2~4と多めに設定されてるのでしょう。
全ての属性速射は、属性弾を失うと大幅な火力ダウンとなってしまいます。
スキルを属性強化に使っている以上、他の弾は属性弾より劣ります。
できるだけ属性弾を多くするための、最大数生産なのです。
その重要度は、[最大数生産>攻撃力UP]だと思ってもいいぐらいでしょう。
火と龍には意味ありませんが、水・氷・雷には重要な火力スキルです。
最大数生産の枠を残したまま装備を作っていくのが理想ですね。



じゃあそんなわけで、雷属性特化ボウガンを終わります。
私が作ったものだけが全てではないので、そこだけは気に留めてください。
でわ。



龍属性特化型ボウガン

単属性強化+2がオススメと言いましたが、別に総属性強化でもいいのですよ。
作ればその時点で、全属性特化にできるわけですから。
単属性強化の方が柔軟に作れるって話なだけで、総属性強化じゃダメってことではないのです。
「こういう属性特化があるよ」って人は、それはそれでいいです。
欲を言えば、意見とかこれでいいのかとか気にしないで紹介してほしいです。
私もね、もっといいのにできるんじゃないかと思いながらやってるので。
紹介されてる装備の完全下位互換だったり、不必要なスキルが無駄についてなければ大丈夫ですよ。



そんな感じで、かりうどの特化型ボウガンの時間が始まります。
今回は、龍属性特化ボウガンです。
順番から言って、水だと思いましたか?
ところがどっこい、水じゃありません……!
今回は龍属性……龍属性ですっ……!

ま、火の次に作りやすかったってだけの話ですけどね。
滅龍弾を速射できるライトボウガンと、龍属性攻撃強化+2が必要です。


今回も装備の前に1つ。
滅龍弾を速射するライトボウガン選びです。
煩わしいと思ったら、とばして結構です。
滅龍弾を速射できるボウガンは3つ。

運命ヲ焼キ尽クス銃弾(グラン)
滅ドダークデメント(イビル)
狼牙ド【反獄】(ジンオウ亜種)


です。「ド」が漢字で出ないのです。
このうち、龍属性特化の候補となるのは2つ。

運命ヲ焼キ尽クス銃弾
狼牙ド【反獄】


です。
滅ドは、属性速射という点では、出番はないのです。
なぜかと言うと、ほとんど運命(長いので省略)の下位互換だからです。
見比べながら、いろいろと考えてみましょう。


まず、それぞれの性能は以下の通り。

運命ヲ焼キ尽クス銃弾 攻撃力416・会心率-30%・スロット0
リロード速い・反動やや小・ブレ右側小・装填数3
滅ドダークデメント 攻撃力403・会心率-15%・スロット0
リロード遅い・反動小・ブレ左側大・装填数2
狼牙ド【反獄】 攻撃力374・会心率10%・スロット2
リロード普通・反動中・ブレなし・装填数2

装填数というのは、滅龍弾を装填できる数のことです。
運命と滅ドを見比べてみるとどうでしょうか。
どちらも似たり寄ったりの性能ですね。
撃てる弾も似てます。
違いと言える違いは、撤甲榴弾が撃てるかどうか。滅ドは撃てません。
それと、装填数が3か2かですね。
どっちも少ないので大きな違いには見えないでしょうが、実は大違いです。
滅龍弾の所持可能数は3発です。
装填数が3ということは、1回のリロードで全て装填できるということなのです。
滅ドの装填数は2なので、1回余計にリロードしなければいけません。
調合分含め、滅龍弾の最大所持数は13発。
装填→全撃ち→装填……と繰り返した場合、運命は5回・滅ドは7回の装填で全て撃ち切ることになります。
また、リロードが遅いというのは、ボウガンにとっては致命的です。
装填数の件と合わせて、どれほどの差かは歴然でしょう。
スロットがない、攻撃力も若干ながら劣ってる。
これらも下位互換となってしまう要因となります。
あえて滅ドを使う意味がどこにもないのです。

で、狼牙ドの方はと言うと。
運命はライトボウガン中最高の攻撃力なので、攻撃力は劣っていて当然です。
しかし、スロットが2つ空いています。
これは大きいですよ。スキルの幅が広がりますからね。
また、会心率が10%あるのも地味に助かります。
属性速射において、会心はまったくの無意味です。滅龍弾だと特に。
が、ソロでやると、どうしても火力不足に陥ることも多いです。
属性弾で足りない場合、他の弾を使用することになりますよね。
運命だと、会心-30%が足を引っ張ります。
狼牙ドだと、会心10%のおかげで通常運転も問題ありません。
つまり、属性弾が切れた後でも戦闘に困らないわけです。
滅龍弾で大きく体力を削り、他の弾で戦線を維持することだってできます。
まぁ、属性速射PTだったらその超火力で属性弾だけで終わりますけどね。
総じて、属性速射PTなら運命ヲ焼キ尽クス銃弾、ソロなら狼牙ドを選んだ方が安定するでしょう。


はい、ライトボウガン選び終了。
ようやく装備に行きます。
ドーベルXキャップ
ドーベルXレジスト
ドーベルXガード
天城・極【腰当て】
ドーベルXレギンス
護石 龍属性攻撃+4・スロット3
装飾品 速射珠【3】・速射珠【1】・回避珠【2】・破龍珠【1】・攻撃珠【3】×2
スキル 龍属性攻撃強化+2・攻撃力UP【小】・連発数+1・回避性能+1
防御力 319(真鎧玉未使用)
耐性 火-14・水8・氷8・雷3・龍19


なんだか半端ですが、こんな感じです。
回避性能で安定度アップです。
いらないなら、胴を天城やミラアルマにすると、攻撃力UP【中】にできます。
逆に攻撃力UPを捨てると、スロット3×2が空くので、別のスキルがつけられます。
無傷とか、装填速度とか。あまり幅広くはありませんが。
胴を天城にして攻撃珠をつけないのであれば、なんでもつけられます。
意外と応用の利く装備ですね。

特にこれといったレア素材は使わないのもいいところです。
胴を天城にするなら必要ですが、比較的簡単に作れる……わけでもないんですよねぇ。

速射珠【3】に、「冥海竜の剛角」が2個必要なんですよ。
つまり、HR解放が最低限必要です。


周りに人がいなかったら、HRを70までにしなければいけないので、大変ですよね。
そんな人は、速射+4の護石でも大丈夫です。
スキルの幅は極端に狭まるものの、冥ラギアまでの繋ぎにはなると思います。



当記事(属性速射全体)は誰でもウェルカムです。
「こういう風に改善できるよ」という意見があれば、容赦なくください。
上位互換装備があれば、それでも構いません。遠慮なく。

次はなんの属性速射になるでしょうか。
では、またしばらく。


この記事に対する意見

こんにちは、かりうどさん。
こんがりプーギーです。
突然でしゃばった記事を書いてすみません。

もちろん、あなたの記事も全部読んでいて、単属性特化でいいことは承知しています。
しかし、私は3Gをはじめてまだ2か月、HRも50ありません。
つまり、素材もお金も少ないハンターライフをおくっています。

ということで、武器だけ変えればいいという装備を考えさせていただきました。
この装備をみてライトボウガンを使う人が増えればいいなと思いながら・・・
これからも精進いたしますので、突然の無礼をお許しください。

属性速射ライトボウガン

はじめまして。
ライトボウガンを愛してやまないこんがりプーギーです。
今回が初めての投稿になります。
前置きが長くなるのも嫌だと思うので早速本題に・・・

とりあえず、属性速射のライトボウガン防具を提案してみたいと思います。
こんなかんじで・・・
レウスXキャップ
ミラアルマ
陸奥(ジエン亜種のやつ)
陸奥(ジエン亜種のやつ)
陸奥(ジエン亜種のやつ)
護石 属性攻撃4が確保出来るもの
装飾品 (属性攻撃3)×1、(属性攻撃1)×2、(攻撃2)×1
発動スキル 攻撃UP大、属性攻撃力UP、連発数+1

よく防具の名前を覚えてなくてゴメンなさい・・・
とりあえずこんな感じで、

自分の3rd時代のライトボウガンに近づけてみました。

村上位なら属性弾が無くなる前にかたがつきます。(たぶん)

余談ですが、護石にスロが1つあると体力+20もついたりします。
かなり余談ですね・・・

終わりに、こんなグダグタな記事を最後まで読んでくれた人に感謝をこめながら終了とさせていただきます。
ありがとうございました。

火属性特化型ボウガン

属性特化ボウガン装備シリーズは、ゆっくりと更新したいと思います。
自分で考えたい人もいるかもしれませんし。ね。
け、決して、まだ全部作れてないとかじゃ……ないからね!
実は記事と装備作成とがほぼ同時進行とか、口が裂けても言えませんよ。



さぁ、思いっきり言っちゃったところで、かりうどの特化型ボウガン装備のお時間です。
今回は、火属性特化ボウガンです。
火炎弾を速射できるライトボウガンと、火属性強化+2が必要ですね。


装備の前に。
火炎弾が速射できるライトボウガン選びをしましょう。
ちゃんと属性速射を理解できてるなら大丈夫でしょうが、
万が一にでも誤りがあってはいけないので。

火炎弾が速射できるライトボウガン代表は、以下の2つです。

蒼火竜砲【烈日】(レウス亜種)
運命ヲ焼キ尽クス銃弾(グラン)


この2つのうち、どちらが属性速射に向いているのか。
とりあえず、性能を見てみましょう。
どちらもロングバレルつけてる時の性能です。

蒼火竜砲【烈日】
攻撃力360・会心率0%・スロット1・リロード普通・反動中・ブレなし

運命ヲ焼キ尽クス銃弾
攻撃力416・会心率-30%・スロット0・リロード速い・反動やや小・ブレ右側小

もっと見れば細かい違いはありますが、あくまで火炎弾速射が中心なのでこんな感じです。
火炎弾の装填数は、どちらも6でした。
どちらが属性速射に向いているでしょうか?
全体で見ればどちらも相互互換でしょうが、属性中心で見れば後者の方が強いです。
「えぇ~?会心-30%じゃんよー」って聞こえました。
属性中心で見れば、会心率はどうだっていいのです。
私も3rdの方でも、「弱点特効や見切りは意味がない」と言ったのは覚えてますか?
「会心があっても、ダメージに大きな影響はない。オマケ程度にしかならない」からです。
逆に言えば、「会心がマイナスでも、ダメージにこれといった支障はない」ということなのです。
つまり、-30%でも気になることはなく、気にする必要もないのです。
で、会心が影響なくても、攻撃力は影響します。
50の差があるじゃないですか。けっこう大きいと思いますよ。

しかし、「蒼火竜砲【烈日】は完全下位互換なのか」と言われればそういうわけでもないです。
スロットが1つ空いてますよね。
装備には、武器スロットは比較的重要な要素です。属性速射じゃなくても。
蒼火竜砲は、いいスキルを多くつけたい時に重宝すると思います。
「あと1つスロットが空いてれば……!」って時には、蒼火竜砲の出番です。
また、ブレがありませんよね。
当てたいところを確実に狙えるというのも、立派な長所です。
人によってはブレを利用した射撃とかもできるらしいですが、そんな人は稀です。
リロードと反動が劣ってますが、属性弾は元々リロードも速く反動も小さいので、まぁ関係ないです。
総じて、安定した装備や立ち回りがしたいなら前者、高火力を狙うなら後者という選択がいいでしょう。


さて、やっと装備に入れますね。
火属性速射は実は、深く考えなくても簡単に作れる装備なんです。
なぜなら、レウスX一式を揃えるだけで、

攻撃力UP【中】・連発数+1・火属性攻撃強化+1・回復量DOWN

がつくからです。
この時点でもう土台が調っているので、あとは護石と装飾品でもうできます。
レア素材がちょっとネックですが、考えるのがめんどくさいという人は、これでいいのです。
しかし、そんなこと言ってはこの記事が成り立ちません。
回復量DOWNが目につきます。
できるだけマイナスをなくし、有能な装備を作るのが楽しいんじゃないですか。
そこで、防具を組み合わせた火属性速射装備を考えました。

以下↓。
レウスXキャップ
天城・極【胸当て】
レウスXガード
天城・極【腰当て】
レイアXレギンス
護石 攻撃+8が確保できるもの
装飾品 火炎珠【2】×2・速射珠【1】・体力珠【1】×2
スキル 攻撃力UP【大】・火属性攻撃強化+2・連発数+1・体力+20
防御力 310(真鎧玉未使用)
耐性 火3・水11・氷11・雷-5・龍-16

見た目がなんか……すごいです。
武器スロを使わないので、運命ヲ焼キ尽クス銃弾向けですかね。
ステータス攻撃力は、爪護符ありで461になります。
Gロアルドロスを約5分で沈めたのも、この装備です。
火属性特化で、水と氷の耐性が高めなのもいい感じです。
反面、龍耐性が気になりますが、火が効いて龍属性の攻撃をしてくるのって……いましたっけ?

護石ですが、攻撃+8はキツイですか?
でしたら、攻撃+6でもいいです。
体力珠を外して、代わりに攻撃珠をつければほら、体力+20がなくなるだけです。
他にスキルがつけられそうになく、+6だったのでつけただけです。
紹介されてる装備でも、必要なもの不必要なものを見極めて護石を変えられるのも、立派な技術だと思います。

使用するレア素材は、

頭(火竜の天鱗)と胴(大地の大龍玉)

ですね。
胴の防具は、レウスXにしても大丈夫です。
体力+20がなくなり、耐性がちょっと変わるだけですから。
火属性特化は比較的バリエーションが多いので、探してみるといいでしょう。


本当なら蒼火竜砲【烈日】の装備も紹介したいのですが、今のところ作ってないので無理です。
そのうち作るかもしれないので、あまり期待せずに待っていてください。いつになるかわからないし。
他の人も考えてるかもしれませんし、充実していけば増えるでしょう。



じゃあこれで火属性特化ボウガンを終わります。
最初に言った通り、ゆっくりと更新していきます。
気長に待っていてください。
では。