新モーション3
モンスターハンター3(トライ)G

モンスターハンター3G攻略GEMANI
 ⇒新モーション 2
 ⇒新モーション 1

モンスター達の新モーション2

どうも、カス極まりないボッチハンター、マサヤです。
ん?、カスは余計だって?いやいや、私なんてカスですよwww
いや、そんなことより、今回はG級モンスターの新モーションの中でも、

 「あ、これはちょっと無理ゲーかな?

っと、私が思ったモンスター達の新モーションを書いていこうと思います。
それでは、いきますよ。

1:ディアブロス亜種の新モーション「潜行移動→背後からの強急襲」

この新モーションは、G級のディアブロ亜種特有の攻撃です。
潜行移動の時に起きる地震で怯ませてから後ろから襲撃するという反則極まりない攻撃です。
ディアブロとの距離が遠ければギリギリ回避できますが、近ければ100%当たります。
怒り状態時に多発してくる事が多いので、くれぐれも注意。
よけ方というか対策方法は、
1:スキル「耐震」を付ける。
2:ひたすら逃げる。
安全面を考慮するなら、前者をオススメします。
次、行きます。

2:ウラガンキン(亜種含む)の新モーション「転がり攻撃→顎スタンプ」

非常に厄介な攻撃です。
なぜなら、顎スタンプに派生するまでに、ある程度狙った対象を追尾してくるからです。
また、顎スタンプ時の攻撃判定と地震による揺れる範囲がかなりデカいので、回避するのもなかなか困難です。

特に亜種の場合は顎スタンプ派生時にガスを噴出するため、さらによけにくくなっています。
しかし、この攻撃をする時は、転がる前に首を少し振るので、
それさえ見逃せなければ、攻撃が当たる事は少ないと思います。

対策方法は、

 首振りのモーションを見逃さないようにする事

ですね。
もし、見逃してしまっても、普通より転がるスピードが遅かったり、
ある程度追尾してきたら、緊急回避の準備をするように。


今日はここまでです。非常に長い文章になってしまいました…。
それでは、役にたつことを祈って…。
サヨナラ!



イベクエ アルバトリオンで

今回配信された、上位アルバ(神への挑戦)で。

 地震効果の効果が確認されました。

この先のG級アルバ、どんな新モーションを見せてくれるか楽しみです。

この記事に対する意見

おそらくその「地震効果」とは、空中モード時のみの攻撃「雷パンチ」の際に発生するものではないでしょうか。
それは村個体でも発生するため、イベクエ専用モーションではありません。

ジンオウガの新モーション

どうも!
レアアイテムが雌火竜の紅玉以外出ない弓団長です(^_^)

さて、この前ジンオウガを狩りに行った時の事ですね…
まぁどうせ3rdと同じだろうな~と思い行ったんですよ。

そしたら…

 出会い頭にいきなり一乙しちゃいました。

いやいや、だって咆哮した後にいきなり飛び掛かり攻撃で壁に追い詰められ…
また飛び掛かり攻撃で…
ガンナーは死にますよ。
初見は。
…自分の恥ずかしい話は置いといてですね。

3rdと変わってる所を述べて行きます。

・怒り時はダウン復帰後に回転尻尾ジャンプ
・やたらアクティブ
・怒り時のみ、腕叩き付け×2→飛び掛かり


…このくらいですかね。
じゃあジンオウガ狩猟頑張ってくださいノシ

青いぷーさんの新モーション

どうもへたれ狩人です。
G級でべリオZを作るために青いぷーさん二頭クエに行ったところ、新モーションが分かりました。

普通アオアシラのひっかき攻撃。
三回で怒っている時は四回だったのですが、

G級のアオアシラは通常で四回怒りに五回もひっかき攻撃をしてきます。

地味ですが役に立てれば光栄です、ではまた会う時まで



通常種達のG級モーション

どうも、マサヤです。
ようやくG級に慣れてきたところの「ぼっちハンター」です。

今回…と言っても、まともな記事はこれが初めてですがwww
それはさておき、G級モンスター達の新モーションを書いていこうと思います。

1.鳥竜種全般(ドス系及びペッコ先生)

モーションというより、動きが全体的に素早くなっています。
特に怒り状態では2倍速みたいな感じになります。
ドス系はこれで終わりですが、ペッコ先生は眠り効果のある踊りを繰り出してきます。

使用頻度はそんなに高く無いですが、阻止出来ないと、たちまち眠らされます。
阻止できれば、逆にエリア一帯のモンスターが寝ます。

2.牙獣種(ラングロトラとウルククス)

まずはウルクの新モーション

動きはさほど上位と変わりませんが、決定的に違うのは、

 「雪玉攻撃」が追加されていることです。

この攻撃、実は距離が遠ければ遠い程怖い攻撃になります。
至近距離でよけた後、しばらくしてから振り向くことをオススメします。
スゴいことになってますので。

お次はロトラ

なんと2種類も新モーションがあるという図々しい奴です。
その攻撃内容は、

 「180°舐めまわし」と、「ホーミング転がり攻撃」。

後者はどうってことはありませんが、離れた位置から繰り出されると少々厄介です。
問題は前者。
攻撃力は大したことはありませんが、リーチが長く、気絶値が高いのです。
何か攻撃を食らった後にこれをまともに食らうと、一発気絶です。
なるべく注意しましょう。

……アシラは残念ながら新モーションらしき行動は、ありませんでした。

今回は以上です。また、続きを投稿したいと思います。
それでは!サイナラ~。

トラ○ザム!

はい、こちらギルド直属管轄下モガの村派遣ハンター村長前かりうどです。
G級のモンスターには、新しい行動の他にも特徴が増えてるだと!?
な、なんだってー!?


というわけで、一部のG級モンスターには、更なる特徴があるのです。
あ、上はスルーしてけっこうです。
まぁ全部一気に言うのも疲れるので、小出し小出しで。
それと、被り気味の情報は控えます。


その特徴の1つとして、トラ○ザムがあります。

 んー……とにかく、動きがすんごい速くなるってことです。

最初見た時はバグかと思ったぐらいです。
動きがはっやいはっやい。

トラ○ザムするモンスターは、基本ドス○○というモンスターです。
それと、クルペッコとかそういう小さな大型モンスターとか?
ディア亜種もトラ○ザムしてる勢いですし。
探せばもっといそうです。