ロアルドロス亜種 モンスターハンター3G

モンスターハンター3G 攻略GEMANI

狩猟!紫水獣!

どうも、ハンターノートです。
今回は前回に続きロアルドロス亜種の攻略です。

最初に戦ったときはびっくりしたと思います。

 「え!?ロアルドロス亜種が渓流にいるの!?

そうなんです。
今作、ロア亜種は孤島だけでなく渓流にも姿を現します。
この時、初期エリアは8です。

えっと、まあ基本的にこのモンスターは毒を操ります。

でも、この毒はギギネブラより強力ではありません。
まあ、無理もないですね。通常種が水を操る訳ですし。

ちょっと話がながくなりましたが、ここからは狩猟データを。

ロアルドロス亜種の攻撃

片手ひっかき  
毒ブレス この攻撃は毒を含みます。
ボディプレス 通常種は水をまきちらしますが、亜種は毒をまきます。
首振り走り 2回まで折り返す可能性があります。
毒が着弾時、あと残りがあります。深追いしないように。
180度回転 この攻撃は毒を含みません。広範囲を薙ぎ払います。
飛びつき この攻撃も毒を含みません。横っ飛びになることも。

部位破壊

トサカ 頭に攻撃して1回怯む。
スポンジ スポンジ状の部位を攻撃、2回怯ませる。落し物をたまにする。
尻尾 切断武器で2回怯ませる。一回剥ぎ取り可能。


弱点は火>雷

装備

武器は、火属性ならなんでも。個人的に切断系統をおすすめします。
防具は、属性が毒なので、毒無効のつくものがいいですが、解毒薬or漢方薬があると毒無効は必要ないです。
なので、自分が愛用している防具のほうが効率がいいです。
 
アイテム
回復薬、同G
解毒薬(漢方薬でも)
各護符+爪(あると楽です)
ペイントボール(走行移動なので、需要性は少ない)
元気ドリンコorこんがり肉(機動性を考えると前者)
砥石
捕獲セット(罠+麻酔玉{必要に応じて})

立ち回り

1、尻尾切断をするなら、序盤からいく。
2、部位破壊を優先。攻撃は通りやすいので、容易に破壊可能。
3、部位破壊終了次第、弱点を集中。or正面に入らず、一撃離脱をする。
4、狩猟完了!!


これで終わります。
今日も一狩り行きましょう!


ロアル亜種の攻撃技を解析

飛び掛り ほぼノーモーションからの攻撃なので注意。
毒ひっかき 直前まで右で引っかくか左でひっかくか分からないので、前方にいるハンターは注意。
毒属性が付与する。
毒弾 毒のブレスを吐く。状態によっては3発吐く。
その場合、前右左、左右前、左前右などと吐く順番が違う。
その場のしかかり 当たることは少ないが毒飛沫が出るので注意。
その場回転 頭を回転させた後に尻尾も回転させる。範囲が広い。
大回転 横に回転する。威力、範囲ともに高いので厳重注意。
暴れ毒ブレス 暴れながら四方八方に毒を吐く。状態によってはさらに回転し2回、3回と暴れる。

原種と違い、毒を扱うので解毒薬をお忘れなく!!

紫毒に染まる渓流

ガンランス王です。
村の上位昇進クエストの「紫毒に染まる渓流」で、ロアル亜種がはじめて渓流に登場しますね?
まだあまり知られていない渓流のロアル亜種のデータをまとめました。

まず渓流でロアル亜種となると、まずエリア6、その次エリア7と探す人が多いと思います。
ところがそれが大間違い。
ロアル亜種の渓流での初期エリアはエリア8(洞窟)なのです。
行動範囲は僕の見た限りでは6,7,8,9の4か所です。
エリア9に行こうとしたときは「はぁ!?」と思いました。
水に棲むモンスターが水のないエリアにいくとは・・・
あとは3rdとほぼ同じです。
それでは。