ナルガクルガ希少種【狩猟】
モンスターハンター3G

モンスターハンター3G攻略GEMANI

月迅竜 狩猟講座っ! 

ども、先日(2週間くらい前だけど)HR40を突破してナルガ希少種を撃破したご苦労龍ですw
希少種とか見たらよく思うんですけど、そんなにたくさん狩って大丈夫なんでしょーか?w
いや、まぁ、ゲームだからつっこんだらいけないんですけど、古龍とかもいくら被害だしてるからって狩っちゃうのはねぇ……w

というわけですが、ナルガクルガ希少種、狩っちゃいましょう!
別名、

 月迅竜っ!ステルス機能付きナルガ+αだぁ!!

武器爆破属性武器or氷属性武器

個人的には爆破を推薦します。運よくいけばブレードを一撃で破壊できる時もあるのでねw
防具防御力重視で、最低560くらいは欲しいです。

スキル
心眼(必須) ナルガ弱点であったはずの頭が超カタイ!っていうか上半身がカタイw
回避性能 必須ではありませんが、回避下手な人推薦。
回避距離UP こちらも必須ではなく、回避下手な人推薦です。
高級耳栓 範囲広いです。普通と同じと思った時点で負けですねw
毒無効 ガード出来る人とか、回避上手な方は必要ないと思いますが、
解毒薬を使用する手間が省けます。

持ち物
回復薬
回復薬グレート
秘薬
いにしえの秘薬
解毒薬(必須)
砥石
モドリ玉(死にそうな時の最終手段)
ハチミツ
生命の粉塵
閃光玉
(モドリ玉の調合用【素材玉・ドキドキノコ】)
(音爆弾【ステルス強制解除できますが、使う機会があんましないのと直後は怒るので持っていきたい人だけで】)
 
部位破壊位置一覧 
頭部 頭部に一定のダメージを与えて二回ひるませると左眼に傷がつく。(右目だったっけ?)
ブレード 腕のブレード部分に一定のダメージを与えるとブレードが割れる。高確率で転倒。
尻尾棘 一定のダメージを与えると尻尾がボロボロになる。破壊後でも棘は飛んできます。
尻尾切断 尻尾に一定の切断ダメージを与えると先端部分が切断される。
攻撃方法まとめ
※大部分は原種と同じなので新モーションを解説
ステルス機能 ナルガ希少種の中で一番印象の強い行動です。
原種なら俊敏に跳び回るだけですが、希少種はこれにステルス機能、
いわゆる透明化が備わっているんです。
オオナズチのようにずっと消えているわけではありませんがちょっと厄介。
ですが、怒り時は赤い眼光のせいで位置がバレバレになってしまう。
いわゆる馬鹿ですw
ステルス機能+飛びかかり
(パターン1)
消えてから背後、側面に回り込んでからの飛びかかりです。
連続ではなく一回ぽっきりなので離れていれば回避は簡単です。
ステルス機能+飛びかかり
(パターン2)
同じく消えてから回り込んで、かぶさってくるように飛びかかってくる攻撃。
原種でいえば連続飛びかかりの最後にやってくる大ジャンプです。
風圧判定とかあるんで注意。
尻尾叩きつけ2連 亜種と同じモーションです。
見分ける方法は簡単。
普通、尻尾ビターンは尻尾が抜けなくなるほど伸びきりますが、
2連の時は軽く叩きつける感じでやってきます。
そのあと、方向修正してからいつもの尻尾ビターンをしてきます。
棘が出ているときは毒棘も飛んでくるのでさらに避けづらくなります。
尻尾叩きつけ+尻尾大回転 その名の通り、尻尾ビターンからの大回転です。
それほど苦な攻撃ではありません。
ビターンを良ければ後は回転に合わせていつもの前転回避。
攻撃後は威嚇に入るので攻撃チャンスッ!
棘出し 尻尾を小刻みに振り回しながら棘を出す行動です。
行動後は尻尾を使う攻撃すべてに毒棘が飛んでくるようになります。
棘破壊後は棘が早くなくなるのでこの行動を多く行うようになります。
連続尻尾大回転 尻尾大回転を2回連続でやってくる攻撃です。
前転するだけで回避できますので気にするほどではありませんけど、
初見の人は少し驚くかも?w
毒棘飛ばし 原種にも亜種にもある棘飛ばしですが、
実は希少種、どういう動きをしているか分かりませんが、
時間差で棘が飛んでくる仕様になっています。
ハンターから見て右から左にむかって階段のように、
差をつけて飛んできます。
図で表せばこんな感じかな?

           ナルガ→○
               
              ↓     
               ↓
                ↓
                 ↓

               ×←ハンター

 
部位破壊優先順位 
尻尾の棘を破壊
尻尾切断
頭部(ダメージ効率が悪いので破壊しなくてもよい)
ブレード(爆破属性なら優先順位とか関係なしに過程で破壊されるのが望ましいですねw)

狩猟時ポイント

ターゲットカメラは必須!
ステルス機能のついている希少種は頻繁に消えたりするので、現れた後に瞬時に反応できるようにつけることをオススメします!

心眼スキルは絶対っ!
これがなかったらたぶん狩れないといっても過言でないでしょう……
まぁ、大げさですけど、それくらい固いということですw
下半身は全部柔らかいので大丈夫ですが、そのためには回り込む、
潜り込む等の行動が必要となってくるのでね。

ささいな攻撃でも瀕死に置きこまれる??
ナルガはティガのように前脚を動かしただけでちょろっとダメージを受けます。
大回転時の腕にもこういう判定があるんですよね。
あと短いダッシュにも。こういうのが蓄積していくといつのまにか体力がっ!!
なんて事にならないように、「ノーダメで倒してやるっ!」てな感じで挑みましょう!

やばくなったらすぐ戻る!
バトルフィールドは塔です。2ndG以来の塔です。
相手はエリア移動もしないし、脚もひきずりません。
もちろんハンターも移動できません。他のフィールドのように「あっ、体力ヤバいからエリチェンして回復だっ!」みたいなことは通用しません。

おまけにナルガは攻撃するために離れてもダッシュで詰めてきます。
この状況でチャチャとカヤンバがダウンしていれば最悪w
そう言う時に使用するのがモドリ玉っ!
瞬時に撤退して態勢を整えましょう!


立ち回りを書いてないのは、部位破壊優先順位を書いたからです。
そこまで大きな変化はないしねw
ではではスタコラサッサ(((((((((((((;・・)




月迅竜の攻略知識

望月の
朧に降りる
月影の
野に吼えたるは
夜の欠片かな



というわけで、やってきました。かりうどです。
今回は、ナルガクルガ希少種について、まぁ豆知識のようなものでもと。
攻略については既出なので、さらに詳しくはできません。
知ってたら得するかもね、程度のものなので。
あ、上のやつですか?
なに言ってんのかよくわかんなくなってるので、スルーしてやってください。


1つ。毒無効が超便利。

1回でも行けばわかることですが、毒がウザイです。
しかも、エリアが1つで移動できません。
加えて、ナルガ自身の素早さで離れることも困難です。
つまり、解毒薬が飲みにくいってことなんです。
解毒薬に限らず、他のアイテムもそうですね。
解毒薬飲もうとしたら、追加の毒針でまた毒に……ってこともざらです。
戻り玉使えば難なく使えますが、毒になるたびに戻るわけにもいきませんからね。
そこで、毒無効ですよ。
少なくとも、解毒薬を飲む時間が消えます。
その分攻撃を受ける隙もなくなり、逆に攻撃に回す時間が多くなります。
「防御は最大の攻撃なり」って、きっとこういうことを言うんでしょうね。
なお、毒の回復は漢方薬の方が適任です。
解毒薬の完全上位互換なのですよ、漢方薬って。

2つ。回避性能が万々歳。

希少種だろうがなんだろうが、所詮はナルガ種です。
素早い身のこなしですが、素早いが故にその攻撃は避けやすいです。
回避性能は、その回避精度をさらに高めてくれます。
なんと言っても、毒針すらもヒョヒョイのヒョイなんです。
毒針飛ばしはもちろん、尻尾叩きつけからの毒針も回避可能です。
ちょっとコツを掴めば簡単です。
ポイントは、どの辺りから毒針が飛んでくるか、ですね。
上手く回避できれば、尻尾叩きつけも、その直後の毒針も、当たることはありません。
もちろん、連続で叩きつけてきたとしても、悠々に回避はできます。
回避さえ極めてしまえば、毒無効すらもいらなくなります。
それほど、ナルガ種には回避が相性抜群なのです。

3つ。部位破壊は尻尾から。

見ればわかりますが、希少種は尻尾の逆立てが専用モーションであります。
その逆立てた棘を毒針として、尻尾の攻撃と同時に飛ばしてくるわけです。
尻尾を破壊したところで、この逆立てをさせなくすることはできません。
しかし、意味はあります。
尻尾を破壊すると、尻尾を逆立てるモーションが長くなるのです。
どれぐらいかと言いますと……大剣の溜めが3段階まで溜められるぐらい、かな。
このモーション中は隙だらけなので、その時間が長くなるとなにができるか。
アイテムが使いやすい、他の部位破壊を狙える、大ダメージを与えられる、などなど。
切断まで行かなくても鱗が取れればいいので、切断限定ではないのです。
打撃も射撃も破壊できます。
ちなみに、基本的に部位破壊は頭だけでいいです。
刃翼は剥ぎ取りとかでもとれますし、尻尾専用の素材もありませんし。
頭は切れ味白以下で弾かれるぐらい硬いです。
でも、怒り時だと少し柔らかくなるみたいで、白でも弾かれません。
頭の部位破壊は怒ってからがいいでしょう。

4つ。ステルス対策はこやし玉。

今回のメインです。他は別の人も言ってることですので。
完全に、とまでは言いませんが、こやし玉が有効なのは確かです。
こやし玉を当てると、モンスターの体に目に見えるほどのニオイが付着します。
この目に見えるほどのニオイは、ナルガ希少種がステルスになっても立ち上ります。
つまり、間接的にですが、ステルスが意味を成さなくなるのです。
エリアは1つだけなので、移動もしません。
変なところでも役に立つアイテム、それがこやし玉。
なお、マタタビ爆弾でも同じことができます。
見えない相手を強烈なニオイで攻略って、どこかで見たような……?



では終わりましょうか。
ナルガ希少種は、全体的に見て、下半身が柔らかいです。
足とか、尻尾とかね。
では。



月迅竜を狩ろう! 

こんにちは、ドスプーギーです。
今日は噂の神速ステルス野郎、月迅竜ことナルガクルガ希少種を転がしちゃいましょう♪


今回もネタバレ全開なので、
自力で倒したい!って人はUターンしてください。
それではまず下準備から。


回復・調合書などの基本セット以外に必要な持ち物は…

漢方薬&解毒剤(毒無効がなければ超必須)
音爆弾(落し物を狙うなら)
シビレ罠&麻酔玉(確実に捕獲するなら調合分も)
モドリ玉(調合分もあると安心)

フィールドが塔なので落とし穴は使えません。もちろんお面もダメです。


続いて装備ですね。

まずは武器。弱点は氷です。龍も一応通りますが効果が薄いです。
ひるみ・ダウンを取りやすい爆破もなかなか使えます。
武器の種類はナルガ原種や亜種を狩り慣れた物にしましょう。
特に属性攻撃はしてこないので防具はお好みで。


 オススメスキルは回避性能+○と毒無効。

回避性能は+1でもあればかなり変わります。
毒無効は逃げ場のないフィールドで解毒剤を飲む手間がはぶけるのでかなり便利です。
あとは耳栓ですね。咆哮回避を気にせずに攻撃チャンスが増やせます。


チャチャ・カヤンバについて。

お面は囮にするなら最高のお面、サポート重視なら熟練度5・スタミナ回復が速めの物がいいでしょう。
オススメは肉焼き器・マカ壷・ケロロあたり。スタミナ回復が「やや速い」で、防御力も高めです。
印は防御重視の高速回復・耳栓・ガード強化。毒無効はつけてもあまり意味がない気がします。

おどりは両方「イケイケ+ギンギン」で大回復とサポートに徹させます。
イケイケ+マカマカ」にして解毒したほうがいいんじゃないの?
と思われるかもしれませんが…
自分・オトモ共に凄まじい頻度で毒を受けることになるので、いちいち解毒されるよりは回復してもらったほうがいいと思います。


攻撃パターンについてはステルスと棘逆立てのみ解説します。

まずは噂のステルス性能について。
飛び回るときにステルス状態になります。ステルス状態の時に攻撃判定は無いので落ち着いて対応しましょう。
完全に透明になり、ターゲットカメラも探知不可になりますが、着地音、着地時の砂埃、怒り時の目の光で居場所を知る事は可能です。
ステルス解除後に即攻撃をしかけてくるのは「飛びつき」「飛びかかり」「連続飛びかかりのフィニッシュ」です。

飛びつきは回り込みの着地音がしたら飛んでくるので回避。
音無しで来る場合もあるので、通常種・亜種の時のタイミングに合わせて回避。
飛びかかりは鳴き声が聞こえたら横に回避or緊急回避。
連続飛びかかりは途中で消えるので進行方向は読めると思います。

むしろステルスよりも厄介なのが「棘逆立て」の存在です。
これを使われると一定回数、尻尾攻撃のたびに尻尾から毒の棘がほぼ全方位に飛びます。
ダメージそのものは大したことはないレベルですが、尻尾を避けようとして棘を食らい、ジリジリと体力を持っていかれます。
更に棘が立っている状態だと、遠く離れていても尻尾を振り回して棘を飛ばしまくってきます。
よく見て回避orガードしましょう。
近距離にいた場合、尻尾振り回し系の棘は、回転回避で尻尾ごと避けてしまいましょう。
尻尾ビタンの棘はワンテンポずらして回避すると避けやすいです。
ここで回避性能+○があると楽です。
さすがに頭の前まで棘は飛んでこないので、自分狙いでなければ頭が来る位置にいるのも手です。
ちなみに尻尾ビタンと尻尾なぎ払いの棘は射程が無限なので、離れているからといって油断しないように。


それではいよいよ攻略です。

戦闘フィールドに降り立ったら右のほうを探しましょう。
姿こそは見えませんが鳴き声で大体の居場所はつかめると思います。
警戒状態になり、おおよその場所が分かったらターゲットロックして一気に接近してください。
姿を現したらいつもの咆哮で戦闘開始です。
耳栓があるなら先手が取れます。

さて、勘のいい方ならお気づきだと思いますが…
素早い動きに加えてステルス性能まで持つナルガ希少種を追うには「」がとても大切な要素です。
手動カメラで追えなくても構いません。
大体の位置を把握できれば十分です。
どこから飛んでくるかが分かれば回避がしやすくなるので、難易度は大幅に下がります。

ナルガ希少種の弱点部位は尻尾の先ですが、尻尾ビタンとダウン時以外は非常に狙いにくいです。
そこで次に柔らかい後ろ足と尻尾の付け根を集中攻撃しましょう。
方向転換や威嚇、咆哮の時に正面から体の下を潜り抜けると簡単に攻撃できます。
頭、翼は超硬いです。怒り時以外は極力当てないように。
そしてダウンしたらとにかく尻尾。尻尾ビタンで刺さっても尻尾。弱点&棘の部位破壊を狙いましょう。

大きな攻撃チャンスは…
確実に威嚇に繋がるのは、

 尻尾ビタン×2、尻尾ビタン→なぎ払い、往復なぎ払い

の3つ。
つまり尻尾の連続攻撃後はチャンスです。
あともちろん単発の尻尾ビタンの後も短いですが隙はあります。
連続尻尾ビタンを見破るのも音がカギです。
連続で出す場合は1回目が「ピタン!」と少し軽い音になります。

棘逆立て中もチャンスになります。
更に尻尾部位破壊でかかる時間が1.5倍ほどに延びます。
加えて疲労時には普通に威嚇を行う他、連続飛びかかりの後に必ず威嚇をします。

離れている時に這って接近してきたら高確率で尻尾攻撃に派生します。
回避して反撃してやりましょう。

非怒り時に斜め飛びつきの構えを見せたら音爆弾。原種同様ダウン+落し物が狙えます。
もちろんその後は原種同様怒りますので、目の光をそのまま追いかけて咆哮時にも攻撃しましょう。

普通にお尻を追いかけていても割とすぐに怒ると思いますが…
怒り状態になると肉質が一段階柔らかくなります。
部位破壊のチャンスなのでレア素材が欲しい人は頭を集中攻撃しましょう。
目に傷が入ったらまたお尻を追いかけてください。
翼も破壊できますが、特に良い事は無いので無理に狙う必要はないでしょう。

危なくなったり安全に研ぎたくなったらモドリ玉です。
棘逆立てが発動している状態だと戦闘フィールドに安全地帯はありません。
慣れないうちは素直に戻ることを勧めます。

普通にお尻を追いかけつつダウン時に尻尾を狙っていれば切断までいけると思います。
そして恐らくその頃には瀕死に近い状態になっていると思われます。
すぐ怒るようになっていたらそろそろ食べごろです。

もちろんそのまま普通に狩ってしまってもいいです。
しかし「捕獲したい!」という方はタイミングが分かりにくいと思います。

そこで登場するのが「モドリ玉」です。
テクニックの方で軽く触れていますがもう一度詳しく解説します。

瀕死かな?と思ったらモドリ玉でスタート地点に戻り、しばらく待機します。
1分ほど待ったらフィールドに降りてみましょう。
BGMが鳴らず、警戒状態が解除されているはずです。
瀕死であればこの時ナルガは足を引きずっています。
そのままシビレ罠を敷いてサクッと捕獲しましょう。
普通に歩いていたらもう少し攻撃が必要です。
ただし弱ってから割とすぐに死んでしまうように思うので、
くれぐれも殴りすぎには注意してください。

あと直接は関係ないですが…
フィールド右に太古の竜骨採取ポイントがあるので討伐or捕獲成功したら取り忘れないように!
もちろん最初にけむり玉を撒いて拾っちゃうのもアリです。


こんな所ですね。
回避→反撃に繋げれば攻撃の機会は多いと思います。
意外と棘を貰ってしまうので、基本的に「やられる前にやる!」という感じになるかと。
どうしても先にやられてしまう場合は、亜種で回避タイミングを掴んで挑戦するのがいいと思います。

ちなみにレア素材「朧月の欠片」は、この後出てくる黒いアイツの防具でも使います。
サクサク倒して集めちゃいましょう♪

希少種のやり方

ども~レウス大好きです。
PSPからの投稿です。
さあ、ナルガ希少種の、攻略です。
希少種だから強いんじゃないの?と思うと思うでしょう。
ですが、希少種は、亜種+αですよ!少し勇気がでたのではないのでしょうか。
まえ振りは、終わりにしましょう。

武器は雷以外武器ならいいです
装備は、ご自由に、守備力は560ぐらいあったほうがいいです。
チャチャ、カヤンバのお面は、一個は、メラルーフェイクが、いいと考えます。
理由は、素材を持ってくるとことと、マタタビ爆弾での色で分かるからです。

つぎにアイテムで(必須のみ)
回復薬
回復薬グレート
砥石
ペイントボール
音爆弾
漢方薬
解毒薬

主な攻撃のよけかた
 1時計周り尻尾攻撃
  これのよけ方は頭の方に回避をすると、いけます。これは、ナルガ共通です。

 2連続飛びかかり
  これは、希少種のことで透明になって飛びかかりを食らって混乱して死ぬことが結構あります。

 3、針飛ばし
  これは、希少種の攻撃で、ウザイ攻撃で、毒になり、解毒薬で回復またなる死ぬが僕も結構あります。

 4、詰めより攻撃
  遠くにいるときに使ってくる技でその次に攻撃がくるので注意しましょう。


これぐらいかな?
長い文をみて下さり有り難うございました。