ベリオロス亜種 モンスターハンター3G

モンスターハンター3G 攻略GEMANI

ベリオ亜種を狩ろう! 

 しばらく狩ってない奴を久々に狩ろうとすると、行動パターンを忘れてて大苦戦。あわや3乙。むしろ3乙。
 そんな経験無いですか?私はよくあります。ドスプーギーですこんにちは。
 
 そんな感じで、思い出しながらベリオロス亜種を転がしまくってきました。
 苦戦している皆さんも一緒にどうですか?
 
 
 はい、毎度の事ですがネタバレ全開です。
 全開は嫌だって人は程よい所でUターンしてくださいね。
 
 
ではいきます。まずは下準備。
 
 基本セット以外であると便利な持ち物はコチラ。
 落とし穴・シビレ罠&調合分
 大タル爆弾G
 閃光玉

 罠に引っ掛けてさっさと部位破壊してしまおう、という戦法です。
 閃光玉は飛ぶヤツ全般に有効ですね。ただ素早いので投げる機会は限られますが。
 

続いて装備とオススメスキル。

 弱点は氷>雷>水>龍です。火以外なら何でもいいでしょう。
 属性攻撃は無いので防具はお好みで。
 オススメスキルは耳栓、回避性能+○。
 フィールドが広いので、ランナーやスタミナ急速回復なども便利です。


チャチャ・カヤンバについて。

 お面のオススメはやはり「落とし穴のお面」ですね。部位破壊の助けになります。
 それ以外は何でもいいと思います。慣れていないなら「最高のお面」など、耐久力重視で選ぶといいでしょう。
 
 
攻撃パターンの紹介。

 と言っても基本は通常種と同じです。原種には無い派生があるのと竜巻ぐらいでしょうか。
 
 地上での攻撃
 
噛みつき
 突然一歩前進しながら噛みついてきます。至近距離にいるとしてきます。
 予備動作が無いので避けにくいです。
 
突進→飛びかかり
 距離が離れている相手に向かって一直線に駆け寄って飛びかかってきます。
 遠距離にいるとほぼ確実にしてきます。横に逃げましょう。
 
サイドタックル
 斜めに構えて横向きに体当たりします。近くにいた場合は頭側か尻尾側の抜けやすいほうに回避。
 よくタックル後にステップ→噛み付きや飛びかかりに派生します。避けれたからといって油断は禁物。
 
尻尾なぎ払い
 構えてから尻尾で斜め前までなぎ払ってきます。
 どちらから来るかは構えを見れば分かります。来ない方に回避しましょう。
 
竜巻ブレス(大)
 頭を大きく上げる予備動作の後、近~中距離にその場にしばらく残る大きな竜巻を吐きます。
 正面にいなければ問題無し。予備動作が長いので攻撃のチャンス。
 発生した竜巻に触れるとぶっ飛ばされます。
 
竜巻ブレス(小)
 G級技。動き回る小さな竜巻を吐きます。大ブレスよりも構えが短ければこちら。
 こちらも触れるとぶっ飛ばされます。動き回る範囲は一定なので、さっさと離れてしまいましょう。
 
竜巻ダイブ
 竜巻(大)に向かって飛び込み急上昇し、高速で飛んできます。
 飛んでくる時に緊急回避で対処しましょう。着地後は必ず威嚇をするので攻撃のチャンス。
 また、翼を両方破壊しておくと着地時に滑って落し物をします。
 

 空中での攻撃
 
急襲
 そのままの高さから前方に降りてくるパターンと、上昇してから急降下するパターンがあります。
 前者は周囲に風圧の効果あり。後者は翼破壊後に隙ができます。
 ホバリング中は真下にいるのが一番安全です。離れている場合も急回避で対処できます。
 また、エリアチェンジの時も上空から急降下して襲いかかってきます。注意しましょう。
 
竜巻ブレス(大)
 後退しながら竜巻を吐き着地します。これも真下にいるのが一番安全です。
 
竜巻ダイブ
 竜巻に乗ってから高速で飛んできます。対処法は地上と同じです。
 
 
 破壊可能部位は頭、翼。尻尾も切れます。
 
 
それでは攻略に移ります。
 
 ベリオ亜種の弱点は頭です。続いて尻尾・後ろ足。打撃以外なら腹も有効です。
 基本的に翼以外なら攻撃はよく通ります。なのでダメージの蓄積自体は簡単でしょう。
 
 ベリオ亜種はそのままの状態だと素早くて非常に厄介な相手です。
 ですが、翼を破壊してやれば原種同様に隙だらけになります。
 尻尾も長くて邪魔ですが、尻尾攻撃の頻度は比較的低いです。
 なので出会ったらさっそく翼破壊に取りかかりましょう。
 
 発見したらさっそく罠を仕掛けます。まずは拘束時間の長い落とし穴がいいでしょう。
 耳栓があるなら、落とし穴のお面を発動させつつ一気に接近し、咆哮中に翼を集中攻撃します。
 突進を誘うなり何なりして落とし穴にハメたら翼に大タルGをぶち当てましょう。
 爆発させたらそろそろ落とし穴から飛び出してくるはずです。
 すかさず閃光玉で落として更に攻撃を加えます。
 うまくやればここで片方の翼は壊せると思います。隙を見てもう片方も破壊しましょう。
 翼を破壊すれば回り込みで滑るようになり、攻略が一気に楽になります。
 
 通常時は基本的に咆哮・威嚇や各攻撃後の隙をついて攻撃していくことになります。
 正面から攻めるのは慣れるまでオススメしません。まずは尻尾切りから始めましょう。
 
 基本的にどの技もよく見て回避していけば問題はないですが、サイドタックルには注意が必要です。
 回避して油断していると、回り込みからの派生技→気絶→キャンプ送りの流れになりかねません。
 また、ベリオ亜種が後ろに跳んだらほぼ確実に突進や噛み付きを出してきます。いつでも横に回避できるようにしておいてください。
 地上での技を連続で受けているとすぐに気絶してしまいます。気をつけましょう。
 
 空を飛んだら真下に潜って攻撃のチャンスをうかがいましょう。大竜巻が出ている場合は納刀しておいてください。
 閃光玉で落としてもいいですが、動き回るのと滞空時間があまり長くないのとで難しいと思います。
 
 G級で竜巻を吐き始めたらこれまた注意。
 竜巻をいくつか発生させ、こちらの移動を制限しようとしてきます。
 幸いメインの戦闘エリアは広大な場所です。離れれば仕切りなおすことができます。
 
 疲労時のエリア移動急襲は捕食。リノプロスに向けて行われます。
 そのままゆっくりと近づいて食事を始めるので、部位破壊が済んでいなければ絶好のチャンスでしょう。
 
 瀕死になったらエリア11で寝ますので、捕獲なりトドメなりやっちゃってください。
 ちなみに寝ているときに体の外側にあるほうの翼の付け根あたりに罠を置くと、そのまま引っかかります。
 
 
 こんな感じで立ち回っていれば勝てると思います。
 最初の部位破壊までの集中攻撃と、とにかく連続で攻撃を受けないのがポイントです。
 攻撃力は高いですが、体力は高くないのでやられる前にやっちゃいましょう♪



G級では大きな竜巻と動く小さな竜巻を起こします

大きな竜巻 放つまでに少し溜めがある
小さな竜巻 行動からすぐ放つ

ベリオ亜種をガンスで倒そう!(上位)

どーも、ガンランス王です!
今回はベリオ亜種の攻略についてです。

御存じの通り、ベリオ亜種は砂原に現れます。
初期エリアは9です。
そーっと距離を詰めて竜撃砲をブチかましたい所ですが、エリア9はとても広いので、先に見つかってしまいやすいです。

そこでけむり玉を持ち込んでおきます。

翼などを狙うとあとで楽です。

竜撃砲を撃ったら戦闘がはじまりますが、ベリオ亜種は通常種とかなり違うので、攻撃の一つ一つに対策を練る必要があります。

まず、通常種との違いを挙げていくと
・氷属性や雪だるま状態が無くなっている
・ブレスは着弾地点に一定時間竜巻が起こる
・ブレスはガード性能+2をつけても貫通ダメージがある
・全体的に攻撃力が上がっている
・竜巻に乗って攻撃するようになる
等とより攻撃的な仕様になっています。
そこでガード性能+2をつけて、防御面を安定させる&攻撃チャンスを増やす、というのがもっともいい対策です。

戦う際に邪魔な竜巻ですが、実はブレスか竜巻のどちらかをガードすればその竜巻にはもう入っても大丈夫なんです。

次にブレスの回避法ですが、ブレス自体を避けても竜巻に当たるというパターンが多いので、ベリオの脇のあたりに潜り込む感じで斜め前に踏み込み突きをするとうまく避けられます。

部位破壊は翼、尻尾、牙の順に破壊すると効率がいいです。
まず翼を破壊して着地時に隙ができるようにし、その隙をついて尻尾を切断(剥ぎ取りを忘れずに)、攻撃範囲が狭くなったため安全に牙破壊!
というのが理想的な全部位破壊のしかたです。

ベリオ亜種は結構頻繁に疲労状態になりますが、捕食エリアが8と10の2ヶ所あり、移動するまでどっちに行くかわからないという人は疲労時に飛び立った際、離陸したエリアが9だったら8へ行き、8だったら10、10なら8と覚えて先回りしましょう。

また、ほかの飛竜と同様、閃光玉や落とし穴もよく効きます。
ちなみにどんな飛竜でも、飛んでいる時に麻酔玉を2つ当てるとヤマツカミのように墜落します。

最後に瀕死になってからのことですが、足を引きずって飛び立つ瞬間に閃光玉を使うと、ベリオ亜種が落ちてきます。
そこに討伐の時はタルG、捕獲のときは罠を置きましょう。
捕獲か討伐かは欲しい素材が堅殻なら討伐、牙や爪なら捕獲をするといいです。