ジンオウガ亜種【狩猟】
モンスターハンター3(トライ) G

モンスターハンター3G 攻略GEMANI

技解説(投げやり部分アリ)

ども、こんちわ。ご苦労龍です。
G級ともなると一度は狩ったことのあると思います。
ジンオウガ亜種です。
原種とは多少モーションの異なる奴ですが、攻略しちまえば問題ナシッ!

連続前脚叩きつけ

ジンオウガ戦で一番多用してくる攻撃です。
強力な前脚叩きつけですが、結構追尾性能高いw

簡単な避け方は、ひたすら前転で逃げ回るのが定石(?)ですが、
ジンオウガから遠のいてしまいます。
そこで、リスクは伴うものの、前転でジンオウガの懐へもぐりこみましょう!
怒り時ではない時は2回だけなんで当たりません。
怒り時となると3回目で別行動へ移るので危険です(^_^;)

尻尾回転

ジンオウガ戦で厄介な攻撃といえばコレ。
長い尻尾を回して攻撃するアレです!
怒り時、滞龍時のときに転倒後(目まいをのぞく)に起き上がった瞬間にもやってくるうざい攻撃ですが、案外避けるのは簡単だったようです。
なぜなら!尻尾と同じ回転方向に前転すればいいからですっ!
(でもタイミングを間違えると当たっちゃうよ?)

尻尾が向かってきた瞬間に前転すれば、ほぼの確率で避けれます。
あ、転倒後の回転は前転回避より離れていた方がオススメです。
タイミングシビアかつ、方向がギリギリまで不明なんで(^_^;)

龍球飛ばし

原種と違って追尾性能のついた龍球です。
当たるともちろん龍やられ。

前転とか走り回っていれば基本当たりません。
が、まれに全弾向かってくることもあるので注意。

また、龍球が壁などにぶつかると向かってくる前に消えます。
ジンオウガ君を盾にするのもアリ?

叩きつけ

上体を大きく持ち上げる予備動作のあと、叩きつけを行います。
怒り時は予備動作が超短いです。
グッ、ズダンッ!みたいな感じ?(わかりにくいよ!)

滞龍時はもちろん龍やられ。
仮に避けたとしても周囲に風圧がかかりますから結構面倒な攻撃です。

避け方、非常にタイミングがシビアなんですが、叩きつけ直前に後ろ脚方向に前転すると避けれます。
風圧もたぶんかかりません(^_^;)

突進

ハンターに向かってくる攻撃。
滞龍中は龍やられ。

また、エリチェンするときもこれを行うのですが、これにも辺り判定アリ。
龍やられもです(^_^;)

基本的には前転orそれほど苦な攻撃ではないのでスルーw

飛びかかり

身をかがめた後、ハンターに飛びついてくる攻撃。
怒り時・滞龍時には、

飛びかかり
→回転(尻尾回転とは別でただの体制立て直し)
→飛びかかり

を多用するので注意です。
龍やられも忘れずに。
回避方法は基本前転。

タックル

身体の側面を向け、タックルしてくる攻撃。
結構範囲が横に大きいです。
何度も言いますが、滞龍時はやられがつきます。
回避方法をわかりやすく図で、

                      ハンター↑ 
                          ↑ ←ジンオウガ君
                          ↑ ←
                          ↓

こんな感じで前転すれば避けれます。
簡単にいえば頭or尻尾方向に前転ですね。

ボディプレス原種と異なり、滞龍・怒り時に行う攻撃です。
龍やられアリ。攻撃の前に背中がものすごく赤く光るのでひたすら前転orラン!
プレス後は短いですが、隙がうまれるので攻撃のチャンスです!

放龍

原種の放電の龍verです。
ネーミングセンス悪w

とにかくこの攻撃のすべてに龍やられ。
最後に本体で大きな放龍が行われますが、尻尾には判定が無いんです!
なので尻尾攻撃のチャンス!雷に当たらなければ尻尾周辺でずっと攻撃もOK

畜龍

こちらも原種の龍ver。
原種は二回やって終了ですが、亜種は3回やります。
3回目で周囲に龍雷が落ちてくるので攻撃は二回吠えた後に中断しましょう。
落ちてくる場所は赤く点滅します。
歩き畜龍歩きながら溜める反則技ですw
もちろんこの後に滞龍に移行もしますw
龍雷も落ちてくるので気をつけるよーに!

ではでは、スタコラサッサ(((((((((((((;・・)



あの厄介な弾をよける!

どうも、てんです。

ジンオウガ亜種。
ま~なんといっても誘導弾みたいなアレ。
厄介ですね。

そこで効率のよいよけ方!
※剣士用です。
 
①ジンオウガ亜種が龍の弾を出す。
②ジンオウガ亜種の頭付近に行って攻撃する。
③弾が飛んでくるタイミングより少し前に、前転回避でもぐりこむ。
④前転後、更にジンオウガ亜種が壁になるように角度調整して、前転。
⑤弾はジンオウガ亜種に当たる。


です!
弾を出した後にジンオウガがバックジャンプした場合以外は、
突進されてもなんでもあたりません!
バックジャンプしちゃったら、素直に弾をよけざるを得ませんね・・・
攻撃して、なおかつ厄介な弾を回避できる、という点では役立つと思います!



ジンオウガ亜種を討伐してきた

どーもGaiaでーす。
今日はジンオウガ亜種を討伐してきたんで、紹介したいと思います。
ジンオウ亜種は誰も攻撃パターン等を紹介してないので、参考になると思います。

攻撃パターン 
タックル 横に向かって普通にタックルする。原種も使う技
腕たたきつけ 名前はそんな感じなんで適当につけました。
通常時は2回、覚醒時は3回使ってきます。
回避→回避→回避で普通によけられます。
緊急回避をすると2、3回目に当たってしまいます。
尻尾たたきつけ 空中でバク転てきなものをして尻尾をたたきつけます。
突進 普通に突進します。ここから覚醒に入ることがあります。
頭突き 前方に頭突きをする。
予備動作は頭を若干引き、振る振ったときに当たるとダメージあり。
のしかかり 後ろ足で立ち、その後、前に軽くつっこむ形で攻撃する。
スピン 軽く威嚇しその後、スピンする。覚醒じにくらうとダメージ大。
体に龍のオーラをまとってるときに転んだ後、起きあがってすぐ使ってくる。
飛びかかり 味方にむかって飛びかかってくる。
ボディプレス 覚醒時に使ってきて、もっとも危険な技。
ダメージ大。遠くから飛んでくる
覚醒(蓄電) 覚醒するまでの技。原種と違いための時にジンオウガの周りに龍の雷が落ちる。
覚醒するときはジンオウの周りに龍の雷が発生する(大)
トンボール 名前は気にしないで欲しい。
龍雷の玉を発生させ、5秒ぐらい空中で静止したあと、
ハンターまたはオトモめがけて飛んでくる。
歩行落雷 歩きながら落雷を落とす。

名前はこんなんかなって感じでつけたので気にしないでください。


トンボールのかわしかた。


O=龍雷の玉   ¥¥¥
         ¥¥¥=ジンオウガ亜種   A=ハンター
         ¥¥¥


        O        O


            ¥¥¥
            ¥¥¥
            ¥¥¥


              A


上のような状況な場合、Aの位置に立てばジンオウガ亜種の体に球が当たって、ハンターに龍雷が届かない。

いろいろわかりずらいとおもいますが・・・
参考になれば幸いです・・・
以上、Gaiaでした。

ジンオウガ亜種を倒したいのなら 神レポ認定!

獄狼竜=ご苦労竜ってネタをやったけど、よく見たら「ご苦労龍」という名前の人がいました。
かりうどです……。
完全に2番煎じになっちゃいましたね。失敬。
観察力のないそんな私ですが、これからもよろしくです。



さて、今回はですね、対ジンオウガ亜種で役に立ちそうな知識をちょこちょこっとね。
観察力はなくても、それぐらいはできます。やらせてください。
「初見は自分の力だけで倒す!」という人は見ない方がよろしいかと。


基本はジンオウガとそんなに変わりません。
違うことと言えば、
・雷属性ではなく、龍属性による攻撃
・↑により、龍属性やられが発生
・シビレ罠が常時有効
・全体的に肉質が硬め
です。

これらを踏まえて、狩り方講座を。
講座とまではいかなくても、簡単にズラッと、ね。

1.物理攻撃より属性攻撃

さきほど行った通り、肉質が硬めです。
どれぐらいかと言いますと、頭と背中以外は切れ味青の大剣で弾かれる勢いです。
切れ味は、最低でも白ぐらいはあった方がいいかもしれません。
しかし、肉質の硬いモンスターは総じて、属性攻撃が有効なのです。
え、何が有効かって?……言っていいのかな?
まぁネタバレNGという人は見てないだろうからいいか。
ジンオウガ亜種は雷がもっとも有効です。次点で水。
したがって、ラギアやジンオウガ通常種の武器で攻めましょう。
ちなみに、ジンオウガの方が属性値が高いです。
で、どうやって属性ダメージを稼ぐのかと言いますと。
手数です。とにかく攻撃して攻撃しまくればいいのです。
というわけで、片手剣や双剣がもっともダメージを与えやすいです。
まぁ大剣とかでも、無茶な攻撃を繰り返さなければ倒せますよ。
使い慣れた武器が一番だと思います。

2.後ろ足を狙う

さきほど言った通り、頭と背中以外は硬めです。
じゃあどこを狙えばいいのか?
後ろ足です。後ろ足を執拗に狙ってください。
するとこけます。
こけた後は、頭とか柔らかい部位を狙うといいでしょう。
後ろ足→こけたら頭。基本、これの繰り返しです。
部位破壊をしたい場合は、その部位を狙ってもいいです。
とにかく後ろ足を攻撃しましょう。
ただし、体勢を立て直す際に、尻尾を300°ぐらい振り回すこともあるので注意。
チャージ完了状態と、怒り時は危険です。
大ダメージ+龍属性やられになります。

攻撃はこれぐらいにして、次は守り。
ジンオウガ亜種の攻撃に、対策しなければいけませんよね。

3.龍属性の球飛ばし

他に言い方がわかりません。
ジンオウガ通常種で言うところの、雷球です。
あ、龍球でいいのか。これからは龍球で。
……ドラゴンボ……あ、いや、さっさと次進みます。
この龍球ですが、雷球とは性質が大きく違います。
雷球は、決まった軌道を曲がりながら進みます。
龍球は、発生した後空中にとどまり、その後ターゲットに向かって直進してきます。
不可解で摩訶不思議アドベンチャーな攻撃ですが、今は触れません。
直進してくるタイミングは、ジンオウガ亜種が次の行動のために動き始める頃です。
バカ正直にまっすぐ来るので、避けること自体は難しくありません。
ただ、この隙に攻撃をしていると、途端に避けにくくなります。
確実に避けるか、被ダメ覚悟で攻撃するかは、お任せします。
攻撃しても、避けられる時は避けられますので。
また、この龍球はジンオウガ亜種の身体を盾にして防ぐことができます。
あの手この手で避けきりましょう。
もちろん、当たれば龍属性やられになります。
なお、飛ばしてくる個数は通常種と同じように、
通常 →1個
半チャージ後 →2個
チャージ完了後 →2個×2
となります。

4.チャージ中の落雷

落雷と言っていいのかはわかりませんが、それ以上に、他の言い方がわからないのです。
チャージモーションが終わる最後の1回に、赤い雷が降ってきます。
歩きながらのチャージにも降ってきます。
止まっている時のチャージでは、
前→右→左→後ろ→(←全部を45°右に回転してもう一度)
と、全部で8方向に落ちます。
歩いている時はよくわかりません。
攻撃チャンスですが、油断していると赤い雷に当たります。

その他の攻撃対処法は、通常種と同じです。
3と4に気をつけていれば、通常種のように倒せるはずです。
一応言っておきますが、「龍球」と「自分」が一直線で重なる位置だと当たりますので。
移動して避ける場合は、こうならないよう気をつけてくださいね。



なぜもっと細かくやらないのかと言うと、自分のやり方を見つけて欲しいからです。
私はあくまで、ちょっと助言するだけ。後はあなた次第です。
食料に困っている人に魚をあげるのではなく、魚の捕り方を教えてあげる、って感じです。
こういうのって、「絶対にこれ!」という特定の方法って、ありませんから。
文章だけじゃ無理があるっていうのもありますけど。

では~。