ランス モンスターハンター3G

モンスターハンター3G 攻略GEMANI

カウンター突きの弱点

どうも!
弓が大好きな癖に近接も結構使ってる弓団長です(^_^)

今回はランスの「カウンター突き」について書かせて頂きます。

カウンター突きは、ガード中にAを押すことによて発動させることが出来ます。
そしてAを押したらハンターが槍を後ろに引き、「ギュイーン」という音と共に光が出てきます。

その二秒程度の発光時間の間にモンスターの攻撃をガードすると…
ガキーン!とガードし、その少し後(0.5秒位?)にズシャッ!と槍で突きます!
いやー…これ決まったら気持ちいいっすよ。

ですがこのカウンター突き、万能では無いのです。

盾のキャパを超えるような強力な攻撃を受けた場合、ガードには成功しますが、突きは行われなくなります。
ブラキの怒り状態の飛びつきやドボルの尻尾スタンプ等はカウンター不可能です。
武器の強さにもよりますけどね。

一人でも多くランサーと弓使いが増えることを願って…ノシ



「ランス」について

無印からある武器「ランス」ですが、この武器は非常に奥が深い武器でしょう。

その圧倒的な手数。

攻撃を華麗に防ぐ姿は、もはや美しいですね。

モーション値

攻撃名 モーション値
中段突き 1~2段目/23
中段突き 3段目/30
上段突き 1~2段目/28
上段突き 3段目/30
なぎ払い 20
突進 1段目/20
突進 2段目以降/16×N
突進 フィニッシュ/40
盾攻撃 14
キャンセル突き 28
キャンセル突き(水中) 23
カウンター突き 30
ガード攻撃 20
(MH3黒wiki【ランス】より一部引用)

※突進には、属性値補正×0.25
 状態異常蓄積値補正×0.5
 斬れ味レベルが黄色以下の場合の斬れ味補正×0.5
 斬れ味消費は3(1hit毎)
 突進1段目で状態異常エフェクト発生が発生すると中断orフィニッシュまで判定継続。

ランスには大きく分けて2つのタイプがある

1、「回避型」

ステップを多用して攻撃を華麗に回避しつつ、一瞬の隙を見逃さず攻撃、が主体となります。
当然ガードも使用しますが、中には「盾なんて腕時計」という猛者も。
 
おすすめスキル
回避性能+ 回避を多用するためほぼ必須。
切れ味レベル+1 その手数から、あれば大幅な火力UP。
回避距離UP ステップで敵との距離を詰めるのに便利ですが必須では無い。
砥石使用高速化 多手数から、切れ味消耗が激しいため。ほぼ必須。
業物 多手数から、切れ味消耗が激しいため。匠との両立が難しいため必須ではない。


2、「ガード型」

ランス最大の特徴である【盾】を使用して、敵の攻撃を防ぐのが主体です。
カウンター突きで、敵の攻撃を返してやるのもまた一興。
 
おすすめスキル
ガード性能+ ガードを多用するため、ほぼ必須。+1では意味が無いため+2推奨。
ガード強化 モンスターによっては便利だが全く意味なし。
それほど必要の無いモンスターが殆どのため正直、空気スキル。
切れ味レベル+1 その手数から、あれば大幅な火力UP。
砥石使用高速化 多手数から、切れ味消耗が激しいため。ほぼ必須。
業物 多手数から、切れ味消耗が激しいため。匠との両立が難しいため必須ではない。

またランスは、ほとんどのモンスターに相性が良い武器です。
初見のモンスターにはランスで挑むのもいいかもしれません。

また、このランス。

 水中では恐るべき威力を発揮します。

そのガード性能、距離を詰める突進など、水中戦では右に出る者はいないでしょう。

やや近づきずらい武器だと思いますが、慣れてみるととても楽しい武器です。
1度使ってみてはいかがでしょうか。



ランスの強さ

どうもへたれ狩人です。

ラギア亜種の雷電殻ってなかなか壊れないですよね。
実はランスで、前足と後ろ足の間に入り込んで上突きをすると、雷電殻の判定になり、なんといとも簡単に壊れてしまいます。

雷電殻が欲しいかたは是非やってみてください。

ランスのメリットとデメリットをお届け

どうも、アイアンランスです。
今日はランスのメリットやデメリットについて話したいと思います。


まずはメリットから

・リーチが長く高い部位への攻撃が楽
・盾での攻撃は打撃なのでスタン値が低いモンスターはスタンが狙える
・ガードランサー、回避ランサー二つの戦い方があり自分に合った戦い方が出来る

まだまだ有ると思いますがmまずはこんな感じです。


つぎにデメリット

・移動が遅い
・二つの戦い方があるがどちらかが使いこなせないと被弾が多く攻撃もしずらい

とまあこちらもまだまだ有ると思いますが、こんなもんです。

どの武器にもメリットデメリットが有りますが、今回はランスについてをまとめてみました。
みんなでランスを極めていきましょう!



盾攻撃の特徴

①弾かれない
②目眩にすることが可能
③属性はつかない
④回転切りにつなげることも可能

ランスの基本操作を確認

どうもサトシです!
今回はランスです。

ではさっそく・・・
X 中段突き
A 上段突き
X+A なぎ払い
R ガード
X+A+R 突進
R+A キャンセル突き(カウンター突き)
R+X ガード突き

ランスはあんまり使わないんで・・・

補足情報

どうも、Tnekoと申します。
続、ハンマー入門では名乗らずに失礼しました。
ランスについて紹介させていただきます。

取り敢えずサトシ様の基本操作に付けたしを。
納刀時制止状態でX+R ガード抜刀
R+アナログパッド ガード歩き
R+アナログパッド+X ガード間合い詰め
ガード間合い詰め直後にX 盾殴り


ランスとはどんな武器か

名前の通り槍ですね。
ですのでリーチは長めです。
斬撃武器ですので尻尾切断も可能です。
抜刀状態の移動は遅いですが、モンスターの肉質にあまり左右されない攻撃が売りです。
また、狙った部位に攻撃しやすい武器でもあります。

自分は、ランスは立ち回りで二つのタイプに分かれるものと考えています。
一つは広くて固い盾を使いガード、カウンターを主体として戦うガードランス。
もう一つはバックステップ回避を使いこなし攻撃をすり抜けつつ突きまくる回避ランス。
今回の紹介ではこの二つをそれぞれ説明します。


ガードランスと回避ランスの比較

二つを比較してそれぞれのメリット、デメリットを揚げていきますね。
 
ガードランス  メリット 回避ランスよりモンスターの攻撃への対処が堅実。
カウンターがスキルの関係上回避ランスより狙いやすい。
(オススメスキルについては下に書きます。)
デメリット ガード中スタミナが足りなくなると攻撃で押しきられダメージをもらう
回避ランス  メリット ガードランスと違いステップで攻撃を避けるので隙が少なく、
攻撃の機会が多目にとれる。
ガードを余りしないためガードランスのデメリットのようなことはない。
デメリット 回避をしくじると痛い目にあう。


基本的な立ち回り

ガードランスはとにかく密接して離れないようにしながら突きまくり
モンスターの攻撃に合わせてカウンター、からの突き突き…といった感じです。
危なかったらガードです。

中段突き、上段突きはいつでもカウンター突きに派生できるので狙っていきましょう。

注意点は二つですね。

一つはカウンターをキャンセルする判断は素早く下すこと。
これはキャンセルする、そう決めたらすぐにXをはなしましょう。
じゃないと最後まで溜めてしまって攻撃後隙ができてしまいます。

もう一つはガード中はスタミナの量に気を配ること。
スタミナが足りなくてガードが押しきられたら痛いですからね。

しかし対処法はあります。
例えば狂走薬ですがもったいないと言う人にはガード歩きを進めます。
ガード歩き中はスタミナが回復しますのでその場でクルクルクルと回るように歩けばなんとかなっちゃいます。
回避ランスは自分の攻撃が当たるギリギリの距離を保つのが望ましいです。
モンスターの攻撃がきたらすかさずステップ、すり抜けたらまた近より突く、といった感じですね。
回避がものです。しかし無理なら欲張らずガードすることも大事です。
どちらにも言えるのは納刀せず近寄るときは
相手に背を向けてバックステップをするといい、といったところでしょう。
 
オススメスキル  
ガードランス   体術+ ガードや回避のときに消費するスタミナが少なくなる
ガード性能+ ガード時ののけぞりを抑える
ガード強化 ガード出来ない攻撃をガード出来るようになる
回避ランス  体術 上記の通り
回避性能+ 回避アクション中の無敵時間が長くなる


ガードランスはボルボロス、回避ランスはロアルドロスがそれぞれ良い練習台になりますよ。
ランスって割と敬遠されがちな武器ですけど楽しいですよ。
是非使ってみてください。
それでは長文失礼しました。